F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース > 2017年7月14日  アロンソ/マクラーレン・ホンダ、スピードアップ–2017F1GP第11戦イギリスGP初日トピックス

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

2017年7月14日

アロンソ/マクラーレン・ホンダ、スピードアップ–2017F1GP第11戦イギリスGP初日トピックス

徐々に力をつけてきたマクラーレン・ホンダに期待。

シリーズを折り返すF1GP第10戦、スーパーハイスピードのシルバーストンを舞台とするイギリスGPは、不安定な空模様の中で初日をスタートした。初日は雨は降らなかったが、日曜日の予報は雨が報じられ、予断が許されない緊迫したムードの中で2回のフリー走行が行なわれた。

メルセデスが圧倒的リードで展開した2016年から、やや均衡が崩れてはじまった2017年シーズンだが、前戦のオーストリアGPからメルセデスが再び強さを取り戻し、初日から1-2体制を築く流れになっている。高速のシルバーストンでもその流れがさらに色濃く見られ、初日を圧倒する形で2回のセッションが進んだ。

フェラーリとレッドブルは、ここではフェラーリがやや優位の初日。フェラーリは、来年仕様のシールドをトライしつつ、メルセデスを追った。

マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが、フリー走行1を走り始めて即座に7番手のタイムを記録、以後、一端10番手に下がったものの、フルケンベルグ+ルノーとマッサ+ウィリアムズに続く7番手を記録して、順調な滑り出しをみせた。

しかし、アロンソ+マクラーレン・ホンダは、フリー走行1でトラブルが出てエンジン交換したために、オーストリアGPのパワーユニット交換の5グリッドダウンにさらにペナルティが加わる可能性もあるが、スピードは悪くない。

日曜日の天気は下り坂を報じられている。そうなると、ますますアロンソ+マクラーレン・ホンダに期待したくなる。ヴァンドーン+マクラーレン・ホンダは16番手で初日を終えた。

◆2017F1GP第10戦イギリスGPフリー走行2結果
1. ボッタス+メルセデス
2. ハミルトン+メルセデス
3. ライコネン+フェラーリ
4. フェッテル+フェラーリ
5. フェルスタッペン+レッドブル
6. リカルド+レッドブル
7. フルケンベルグ+ルノー
8. マッサ+ウィリアムズ
9. アロンソ+マクラーレン・ホンダ
10. オコン+フォースインディア
11. サインツ+トロロッソ
12. クビアト+トロロッソ
13. ペレス+フォースインディア
14. グロジャン+ハース
15. ストロール+ウィリアムズ
16. ヴァンドーン+マクラーレン・ホンダ
17. マグヌッセン+ハース
18. パーマー+ルノー
19. エリクソン+ザウバー
20. ウェーレイン+ザウバー

※フリー走行1詳細結果
※フリー走行2詳細結果

[STINGER]
Photo by McLaren Honda/LAT Photographic


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
more

NEXT RACE

マレーシアGP(クアラルンプール)
セパン・インターナショナル・サーキット

開催日
2017/09/29〜10/01

PARTNER [協賛・協力企業]

F1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点で発信!
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。