F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース > 2017年10月8日  終盤のドラマを乗り越え、ハミルトン逃げきり!!–2017F1GP第16戦日本GP決勝

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

2017年10月8日

終盤のドラマを乗り越え、ハミルトン逃げきり!!–2017F1GP第16戦日本GP決勝

三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで、2017F1GP第16戦日本GPが行なわれ、初めてポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝した。

ハミルトンは、スタートからトップに立ち、完全にレースをコントロールして、シーズン8回目、F1通算61回目、鈴鹿サーキットの日本GPで3回目(富士スピードウェイを含み日本GP4勝目)を飾った。

しかし、終盤、2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が差を縮め、DRS(追い越し促進装置)を使える1秒圏内に詰め寄り、逆転の可能性にスタンドが沸いた。

53周レースの47周目に、ストロール(ウィリアムズ)の右前のホイールが壊れてS字コーナー入り口でコースオフ、バーチャルセーフティ・カーが出され、これが残り4周で解除に。このタイミングで、トップ2台と同じように1秒以内の差でバトルを展開していたフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)とフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)のバトルに追いついたハミルトンが、アロンソを抜きあぐね、フェルスタッペンが急接近する緊迫した状況になった。

しかしハミルトンは動じず、アロンソ、マッサをパスして真っ先にチェッカードフラッグを受けた。

この絡み合いで、アロンソはマッサを抜けずに入賞まであと一歩の11番手でゴールとなったが、マクラーレン・ホンダのポテンシャルがセンカドグループを戦えるレベルになったことが見えるレースだった。

一方、もう一人のマクラーレン・ホンダを駆るストフェル・ヴァンドーンは、2コーナーでキミ・ライコネン(フェラーリ)に押し出される形でコースを踏み外し、最後尾に落ちる憂き目にあった。

ハミルトンの対抗馬と目されたセバスチャン・フェッテル(フェラーリ)は、スタート直前にスパークプラグのトラブルが見つかり、スタートして2番手で第一コーナーを回ったものの力なくズルズルと後退、5周目でピットからの指示でピットに戻ってピットガレージに入れられ、フェッテルはしばらくコクピットで待機したが、リタイアを決意した。

ハミルトンは今回の優勝で25ポイントを加算してトータル306点とし、今回無得点だった2番手のセバスチャン・フェッテルに59点差を着けて、タイトル争いに王手をかけた。

残りは4戦、次のアメリカGPは、10月23日に米国オースチンのサーキットof the アメリカズで決勝レースを行なう。

◆2017F1GP第16戦日本GP結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. フェルスタッペン+レッドブル
3. リカルド+レッドブル
4. ボッタス+メルセデス
5. ライコネン+フェラーリ
6. オコン+フォースインディア
7. ペレス+フォースインディア
8. マグヌッセン+ハース
9. グロジャン+ハース
10. マッサ+ウィリアムズ
11. アロンソ+マクラーレン・ホンダ
12. パーマー+ルノー
13. ガスリー+トロロッソ
14. ストフェル・ヴァンドーン
15. ウェーレイン+ザウバー
ストロール+ウィリアムズ
フルケンベルグ+ルノー
エリクソン+ザウバー
フェッテル+フェラーリ
サインツ+トロロッソ

※結果詳細
Photo by Red Bull Racing / Getty Images/Red Bull Content Pool


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン331
2セバスチャン・フェッテル265
3バルテリ・ボッタス244
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG575
2フェラーリ428
3レッドブル315
more

NEXT RACE

メキシコGP(メキシコシティ)
オートドローモ・エルマノス・ロドリゲス

開催日
2017/10/28〜10/30

PARTNER [協賛・協力企業]

F1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点で発信!
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。