F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

2017年11月23日

アロンソは史上最強?

最強のF1ドライバーはアロンソ?

今週末のアブダビGPで“二度目の”引退を決めているフェリペ・マッサが、「アロンソが自分の知っているドライバーの中でベストだ」、とコメントしたのを受け、SNSが盛り上がっている。

マッサは、フェルナンド・アロンソ、ミハエル・シューマッハ、ルイス・ハミルトンを3強に上げ、続いて、セバスチャン・フェッテル、マックス・フェルスタッペンを“次点”と判定、大方の見方として賛同できるランキングだが、中でもフェルナンド・アロンソを最強と断言した。

マッサは、2011年から3年間をアロンソとともにフェラーリで過ごし、直近でつぶさにアロンソを観察している。同じく、シューマッハとは、2006年に1年だけだがフェラーリで(レギュラードライバーとして)同じ釜の飯を食っている。2007年から3年間、キミ・ライコネンのチームメイトとしてフェラーリで活躍したが、キミ・ライコネンは、トップランクに入れていない。

マッサの評価に対して、“ブラジルGPでマクラーレン・ホンダのアロンソとやりあって勝っているからね”という皮肉な見方もあったが、ならば、ミハエル・シューマッハは別格として、ルイス・ハミルトンとは、2008年にタイトルを争って、ギリギリで破れているから、立てておかないとよろしくない、という判断? しかし、ならばライコネンも入ってもいいような。

ちなみに、ミハエル・シューマッハとフェルナンド・アロンソの二人と、ブリヂストンとフェラーリの時代を通じてエンジニアとして闘いを共にしたセルモ・インギングの浜島裕英総監督は、シューマッハとアロンソの共通点を「瞬間的にグランプリ・モードに持って行ける能力」とコメントしたことがある。

「星野一義さん(現星野インパル監督)と、1980年代にF2のタイヤ開発を行ないました。星野さんの素晴らしさは、様子見とかなくていきなり全開で走ることができるところです。開発テストの時は時間がいくらあっても足らないので、“まずはウォームアップをして”なんて、できればやらずにいきなりプログラムを消化したいのですが、星野さんは、テストのプログラムをざっと説明しておくと、とにかくいきなり全開走行を始めました。そしてさらに素晴しいのは、戻ってくると、こちらの用意した質問を先回りして要点を伝えてくれたことです」

「実は、ブリヂストンの一人としてミハエル・シューマッハと一緒に仕事をするようになって、星野さんとシューマッハがまったく同じだと気付いたのです。いきなり全開、つまり、“グランプリモード”と言っていますが、そこへの持って行き方が二人は別格でした」

そして浜島エンジニアは、2012年から2013年をアロンソ+マッサ、2014年をマッサ+ライコネンとフェラーリで過ごした。

「星野さんとマイケル(シューマッハを浜島エンジニアはこう呼ぶ)が凄いと思っていましたが、もしかするとアロンソはもっと上かも」

これがポロッとつぶやいた浜島エンジニアのアロンソ評だ。

「マッサですか? 小犬みたいにかわいい奴ですが、歯車がかみ合ったときは、シューマッハも舌を巻く速さを持っています」

星野監督とシューマッハとアロンソの共通点がもうひとつ。レースの現場では、非常にとっつきにくく、近寄りがたい。ある意味、他を寄せつけない排他的な“いやな奴”だが、レースモードが外れたとき、つまりサーキットの外では、意外なほどいい人、というところだ。

星野監督がこんなことを言ったことがある。

「引退したあとで、“あいつはいい奴だったけど遅かった”と言われるのと、“あいつはいやな奴だったけど速かった”って言われるの、どっちがいいかな?」

[STINGER]山口正己
写真素材:Ferrari S.p.A / FERRARI MEDIA、WILLIAMS F1 TEAM / LAT Photographic


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
順位コンストラクタポイント
1メルセデスAMG668
2フェラーリ522
more

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。