F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース > 2017年12月23日  アロンソの目論見–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと93日

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

2017年12月23日

アロンソの目論見–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと93日

F1が楽しみになる、あんな話、こんな話。

94からつづく)

フェルナンド・アロンソは、ワールドチャンピオンになるためにF1を続けている

こっちの方が大事?!

はずだが、まてよ。インディと、ルマンに勝ち、すでに勝っているモナコとのハットトリックへの興味の方が、もはやF1よりも上?

ならば、勝てないマクラーレンでも、乗っていることによるイメージが大切で、すでに心はそちらなの?

そういえば、インディは2年目に向けて着々と計画進行中のようだし、トヨタTS050 HYBRIDのテストをこなして、こちらも耐久の構えで“計画”を進めている。そして、ポルシェが撤退した2018年、ルマン制覇のチャンスが、トヨタに回ってきたという風向きもある。

トヨタにとってルマン制覇は、敵不在の舞台でややトーンダウンを否めないが、アロンソの『夢』は、どんな形であろうと勝てばいい。いやむしろ、トヨタにとっても話題を集めるという意味で、アロンソ加入はメリットだらけに見える。

ただし、2018年ルマンにアロンソが乗るトヨタが勝ったとして、話題になるのはトヨタなのかアロンソなのか、という視点も気になってくる。

改めて。インディに勝つのは簡単ではない。それはアロンソでさえも。

しかし、アロンソにとっての問題は、インディが勝つのが世界一難しいレースであり、ルマンが世界一過酷なレースということだ。

インディは、勝つ可能性のあるドライバーが少なくとも10人はいる。オーバル、中でも、4kmに及ぶ大型で超高速のインディアナポリスのリスクは、通常のレースはもちろん、数あるオーバルの中でも圧倒的。今年の佐藤琢磨がそうだったように、総てを完璧に整えない限り勝利はおぼつかない。逆に言えば、リスキーだからこそ、そこをかいくぐれば寄り多くのドライバーにチャンスがあり、だから特定の誰かが勝つのが難しい。

アロンソ+トヨタ。確かに魅力的だ。

もちろん、ルマンも簡単ではなく、その前に、最強に見えるトヨタには、大きな弱点がある。ドライバーラインナップに優勝経験者がいないことだ。そして、ポテンシャル的に相手ではなかったはずの格下のレベリオンが、アウディで何度も優勝を経験しているアンドレ・ロッテラー引っ張り込んで体制を強化して、思わぬ伏兵になっていることもある。

とはいえ、『夢』に向ってアロンソが邁進しているのであれば、それはそれで素敵なことだ。アロンソのことだから、それなり以上の勝算があってのことだろう。

さて、アロンソの動向も、F1に限らず、2018年の注目項目に違いない。

92につづく)

[STINGER]山口正己
photo by [STINGER]


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
順位コンストラクタポイント
1メルセデスAMG668
2フェラーリ522
more

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。