F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース > 2017年6月12日  ハミルトン磐石のカナダ3連勝!!–2017F1GP第7戦カナダGP決勝

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

2017年6月12日

ハミルトン磐石のカナダ3連勝!!–2017F1GP第7戦カナダGP決勝

170611cansakod01.jpg

6月11日にモントリオールのジル・ヴィルヌーブ・サーキットで行なわれた2017F1GP第7戦カナダGPは、ポールポジションからスタートでトップに立ったルイス・ハミルトン(メルセデス)が完璧なレース展開でカナダGP3連勝、通算6勝目を飾った。

予選2番手だったセバスチャン・フェッテル(フェラーリ)は、スタートで5番手グリッドからダッシュを決めたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と、予選3番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)に先を越され、フェルスタッペンに抜かれる際にフロントウィングを壊して後退。終盤、ハイペースで追い上げたが、4位に甘んじた。

5-6番手にフォースインディアが食い込み、今シーズン7戦して6回目のダブル入賞を記録した。終盤、ペースの速いエステバン・オコンは、前を行くセルジオ・ペレスに封じ込められる形だったが、前に出ていれば表彰台も見えていた。フォースインディアの好調とともに、エスティバン・オコンという名前を印象付けるレースだった。

カナダ出身のランス・ストロール(ウィリアムズ)が、F1GP初入賞を記録した。

マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが入賞圏内にいたが、残り4周のところで「エンジン・ブロー」とつぶやいてマシンを停めた。ストフェル・ヴァンドーンは完走したが、14番手に甘んじた。

次のレースは、2週間後、バクー市街地コースのアゼルバイジャンGP。メルセデスは今回の1-2フィニッシュでフェラーリのコンストラクターズポイントを逆転し、トップに立って戦いを続ける。

◆2017F1GP第7戦カナダGP結果
 1. ハミルトン+メルセデス
 2. ボッタス+メルセデス
 3. リカルド+レッドブル
 4. フェッテル+フェラーリ
 5. ペレス+フォースインディア 
 6. オコン+フォースインディア
 7. ライコネン+フェラーリ
 8. フルケンベルグ+ルノー
 9. ストロール+ウィリアムズ
10. グロジャン+ハース
11. パーマー+ルノー
12. マグヌッセン+ハース
13. エリクソン+ザウバー
14. ヴァンドーン+マクラーレン・ホンダ
15. ウェーレイン+ザウバー
16. アロンソ+マクラーレン・ホンダ
※以下、リタイア
 クビアト+トロロッソ
 フェルスタッペン+レッドブル
 マッサ+ウィリアムズ
 サインツ+トロロッソ
[STINGER]
Photo by Red Bull Racing / Getty Images/Red Bull Content Pool

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG625
2フェラーリ495
3レッドブル358
more

NEXT RACE

アブダビGP(ヤス・マリーナ)
ヤス・マリーナ・サーキット

開催日
2017/11/24〜11/26

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。