F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース > 2009年10月2日  中嶋一貴木曜日会見全録 日本GP

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

2009年10月2日

中嶋一貴木曜日会見全録 日本GP

F12009JAPAN_O4V7352.jpg

◆実家には帰ったけど、とくに何もなく……!?
中嶋一貴(以下、一貴)
 火曜日に日本でイベントなどの活動をさせてもらって、水曜日は基本的に移動日だったので実家にちょっと寄って、それから鈴鹿に入りました。実家ではですか? とくに何もしませんでしたけど(笑)。父はたまたま帰ってきていたので、話はしました。いえ、(話の内容は)とくに覚えてなくて……(笑)。「お帰り!」でもなかったような気がしますね。(家族として)そこにいるのが普通のような、そんな感じで。

—-今日、コースを歩いて、どんな感じだった?
一貴
 鈴鹿のサーキットを(自分の)足で歩いたのは初めてだったんで……。いままで気づかなかったようなところが見えたりしたんですけれど。でも、サーキット自体は、舗装は変わったとはいえ、大きくは変わってないので。

—-新たに気づいたことというのは?
一貴
 いえ、どうでもいいといえばどうでもいいことなんですけど(笑)、思ったよりアップダウンがあるんだなと。たとえばヘアピンのあたりなんかはけっこうフラットなイメージだったんですけど、意外とそうではないんだとか。それぐらいで、大したことではないんですけど(笑)。

◆新舗装は、走ってみないと何ともいえない
—-(新舗装での)路面の違いというのは、どういう印象?
一貴
 うーん、いまの段階では意識しても、結局は走ってみなければ何もわからないので、あまり気にしてないです。とくに明日は雨でしょうし、予選まで、ヘタしたらドライでの走行はないかもしれないので、予選でのタイヤがどうこうとか言っている暇はないようなセッションになると思うので、その状況のなかでやるしかないですね。

—-ウエットだと、路面の違いが際立ってくる?
一貴 
うーん、ドライでは、東がグリップがよくて、西はグリップがよくないというのは聞きましたけど、逆にウエットになると、実際にはどうなるのか?という感じですね。

—-シミュレーターには、もう乗った?
一貴
 シンガポールに行く前に乗りましたね。

—-そのときに、路面の違いというのは?
一貴
 さすがにそこまでは、(シミュレーターでは)なかなか、やれないですね。

—-日本人のドライバーからの”新・鈴鹿”の情報は?
一貴
 昨日は、うちの父(中嶋悟)から、雨のときはどこに水たまりがあって……というのは聞きましたけど、グリップ(の違い)がどうというのは聞けませんでした。あまり、大した影響はないのか、(舗装が変わったことを)知らないのか!?(爆笑)。

◆いつもと同じのレース・ウイーク、いつもと同じの週末
—-シンガポールのレース直後では、まだ鈴鹿に向けて高ぶった気持ちにはなれないということでしたが、でも、実際に鈴鹿入りしたいまは?
一貴
 いえ、いつもの週末と同じです。特別な気持ちは持たないようにしてますし、いつも通り、やるだけです。

—-新・鈴鹿のピットやガレージは以前と較べると?
一貴
 まあ”F1スタンダード”になったなという感じはします。きれいですね、使いやすそうですし。

—-この週末、ご家族は鈴鹿に?
一貴
 一応、全員(来る)らしいですね、はい。

—-こういう気象状況で、土曜の午前中まで雨ということも考えられますが、チームとしてのプログラムは?
一貴
 基本的には、ドライのプログラムは作ってあって……なんですが、雨になったら、そのときの雨量とか、その都度対応していくしかない。予選まで、ドライで走る機会がなかったら……まあ、”やる”しかないですね(笑)。

◆去年のクルマより、今年のクルマの方が鈴鹿にはミート!
—-今年のクルマの特性としては?
一貴
 うーん、ウエットになったからといって、とくに何か変わるということはないと思います。

—-今年のクルマの、鈴鹿との相性は?
一貴
 悪くはないと思います。去年のクルマだったら、鈴鹿はどうかなという感じはありましたけど、今年は(クルマが)ハイ・ダウンフォースでもありますし、どこを走っても、コースに対する”好き嫌い”があまりないですから。

—-シンガポールと較べると、コースとしては?
一貴
 ここ(鈴鹿)は、ドライバーによって、ちょっとした差が出やすいところなんで、モンツァみたいなことはないかもしれないですけど。

—-仮にレースが雨だとしたら、雨はウエルカム、それとも?
一貴
 うーん、どちらでもいい感じですけど。でも、雨であれば、ある程度安定したコンディションであってほしいですね。途中から雨が降るようなタイミングだと、今年、あんまり運がよくないんで(笑)それはないように。

—-初めて鈴鹿を走るドライバーが何人かいますけど、いきなり、ずーっとウエットというのは、ドライバーとしては?
一貴
 まあ、むずかしいでしょうねえ。ぼくもどっちかというと(鈴鹿は)初めてのつもりでいるんで、できたら普通に晴れてほしいですけど。でも雨なら雨で、そのなかでやるしかない。逆に、開き直ってやれるかなという気もしますけど。

—-このグランプリでのターゲットは?
一貴
 基本的には、ポイントを取ること。それが一番ですね。

—-富士よりは鈴鹿の方が”地元”?
一貴
 四輪のドライバーとしてよく知っているということでは、富士の方ですね。でも、どっちが地元かというのはむずかしい。距離的にも、そんなに変わらないし(笑)。

—-日本グランプリというプレッシャーは?
一貴
 去年も、そういうのがあるかと思ったんですけど、でも、すごくリラックスしてレースを走ることができたので、まあ、そんなには……。

—-日本に来ると、チームのメンバーは?
一貴
 東京にいると、マーケティングのスタッフから、いろいろ教えてっていわれるんですけど、でも、東京をあんまり知らなくて(笑)。外国人に何がいいのかもよくわからなくて、あんまり、いいアドバイスはできなかったんですけど(笑)。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
順位コンストラクタポイント
1メルセデスAMG668
2フェラーリ522
more

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。