F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >  > 2017年7月10日  カストロネベス、3年ぶり30勝目–2017インディカー第11戦アイオワ・コーン300決勝

NEWS

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

2017年7月10日

カストロネベス、3年ぶり30勝目–2017インディカー第11戦アイオワ・コーン300決勝

3年ぶりのスパイダーマン!

インディカー・シリーズ最短の0.89マイルのショートオーバル。アイオワ州のアイオワ・スピードウェイーで行なわれた1周17秒の目まぐるしい戦いに、エリオ・カストロネベスが3年ぶりの勝利を飾った。

常に上位にいながら、2014年のデトロイトのレース2以来3年間勝てなかったカストロネベスは、「チームメンバーは最高だ。序盤は苦しかったが、頑張れた。総てのペンスキー・ドライバーに感謝している」とコメント。

駆けつけたチームメイトのパジェノーが、カストロネベスと強力にハグ!! 感極まったカストロネベスは涙を拭った。「チームはあきらめずに、ずっと使ってくれたことに感謝している」。

チーム代表のロジャー・ペンスキーも感慨深げだった。

佐藤琢磨は、予選5番手の好位置からスタートしたが、途中、ピットインのタイミングが悪く、直後にイエローコーションが出されて大きく遅れた。

「厳しかったですね。スタートはそこそこでしたが、徐々にペースがあげられず、特に3セット目が酷かったです。オーバーステアでスケジュールにないピットインをした直後にイエローコーションになって、という展開でした」

「終盤、路面温度が下がってきてからは安定してきましたが、最後の2スティントはそんなに悪くなかったので、次のトロントは頑張っていきます」。

◆インディカー・シリーズ第11戦アイオワ・コーン300結果
1. カストロネベス C
2. ヒルデブランド C
3. ハンターレイ H
4. パワー C
5. レイホール H
6. ニューガーデン C
7. パジェノー C
8. ディクソン H
9. カナーン H
10. ヒンチクリフ H
17. 佐藤琢磨 H
※C=シボレー / H=ホンダ

[STINGER]
Photo by Chris Jones


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
more

NEXT RACE

マレーシアGP(クアラルンプール)
セパン・インターナショナル・サーキット

開催日
2017/09/29〜10/01

PARTNER [協賛・協力企業]

F1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点で発信!
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。