F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >  > 2017年9月4日  スーパー耐久最長の10時間–スーパー耐久第5戦『富士スーパーテック10時間耐久レース』

NEWS

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

2017年9月4日

スーパー耐久最長の10時間–スーパー耐久第5戦『富士スーパーテック10時間耐久レース』

7クラス55台が入り交じって10時間のドラマを演じた。

SUPER耐久第5戦『富士スーパーテック10時間耐久レース』は、静岡県の富士スピードウェイで3日日曜日に決勝レースを行ない、永井宏明/佐々木孝太/銘苅翼のフェラーリARN Ferrari488GT3が、星野敏/荒聖治/近藤翼のD’station Porscheの追撃を振り切って優勝した。

ARN Ferrari 488 GT3で10時間を走りきり、喜びの永井宏明/佐々木孝太/銘苅翼。

これまで9時間だったスーパー耐久の最長記録を更新するレースになったが、スタートは朝8時。夕闇迫る18時にゴールを迎え、10時間で走行した周回数は、4.563kmのコースを335周。トータルで1528.605kmを走行した。

2台のシビックのTCR車両も、豪華名参加ドライバーで注目されたが、アクシデントを乗り越えて2台とも完走した。写真は、伊藤真一/中野信治/道上龍/幸内秀憲組の97号車。

TCR車両とドリームレーサーの組み合わせでで注目されるModulo CIVIC TCRは、アクシデントや、初の耐久レースという難題をクリアーして2台が完走、黒沢琢弥/加藤寛規のベテランを要する98号車が、シリーズチャンピオンに王手をかけた。

スタート時間の設定は、昼間に10時間を完結させるためであり、そもそも世界的に聞き慣れた12時間ではなく10時間という設定も、近隣住民への配慮を考慮したもの。富士スピードウェイでは、来年6月に24時間レースが計画されており、今後、周辺の理解と協力を求めていく。

◆スーパー耐久2017第5戦結果

 

photo by [STINGER]


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG625
2フェラーリ495
3レッドブル358
more

NEXT RACE

アブダビGP(ヤス・マリーナ)
ヤス・マリーナ・サーキット

開催日
2017/11/24〜11/26

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。