F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >  > 2017年7月17日  ニューガーデン、逃げきり!!–2017インディカー第12戦ホンダ・インディ・トロント決勝

NEWS

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

2017年7月17日

ニューガーデン、逃げきり!!–2017インディカー第12戦ホンダ・インディ・トロント決勝

荒れた公道コースを制覇したニューガーデン。

インディカー・シリーズ第12戦は、雨の心配を余所にドライコンディションで行なわれ、バンピーな路面の路面のトロントの公道コースをチーム・ペンスキーの若頭のジョセフ・ニューガーデンが制した。

ニューガーデンは、予選7番手だったが、レース朝のウォームアップで最速タイムを記録し、最多ラップリーダーとしてレースをコントロールした。

スタートで、シボレー・エンジンを積むペンスキーのエースであるウィル・パワーと、ホンダ勢のリーダーであるスコット・ディクソンが接触する波瀾の幕開け。ニューガーデンは、85周レースの58をリードするスピードもあったが、タイヤ交換のタイミングも味方して、追いすがるアレキサンダー・ロッシの追撃を振り切って今期3勝目、シリーズ6勝目を飾り、ポイントリーダーのディクソンの423ポイントに対して400ポイントとし、残り5戦のシーズン後半戦を楽しみにした。

佐藤琢磨は、スピードはあったがニューガーデンとは反対にピットインのタイミングが結果的に吉と出ず、16位に甘んじた。

次のインデカー・シリーズは、ミッドオハイオの『ホンダ・インディ200』。7月30日(日本時間7月31日)に決勝レースが行なわれる。

1. ジョセフ・ニューガーデン C
2. A.ロッシ H
3. J.ヒンチクリフ H
4. M.アンドレッティ H
5. S.パジェノー C
6. R.ハンターレイ H
7. M.チルトン H
8. H.カストロネベス C
9. G.レイホール H
10. S.ディクソン H
16. 佐藤琢磨 H
※C=シボレー / H=ホンダ

photo by INDYCAR


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG625
2フェラーリ495
3レッドブル358
more

NEXT RACE

アブダビGP(ヤス・マリーナ)
ヤス・マリーナ・サーキット

開催日
2017/11/24〜11/26

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。