F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

2017年8月31日

2018F2マシンは、初のHalo付き

ドライバーの頭部を守るHaloが、初めて正式採用された。

FIAは、イタリアGPのスケジュール開始を控えたモンツァで、2018年用F2を公開した。

8750rpmで620馬力を発生する3.4リッター・ターボチャージドのMecachromeエンジンはこれまで通り、F1に習ってバーチャルセーフティカー・システムや、ドラグリダクションシステム(DRS)が採用されるが、なにより目を引くのが、Haloシステムの採用だ。

最初から装着なら、Haloも違和感がない?

 

このマシンは、12月の2回のテストの後、1月にチームに1号車が届けられ、2月に2台目がデリバリーされることになっている。

◆2018F2マシン主要諸元(括弧内は現行マシン)
*全長:5224 mm (5065mm)
*全幅:1900 mm (1900mm)
*全高:1097 mm/FOM roll hoop camera含む (1072mm)
*ホイールベース:3135mm (3120mm)
*重量:720kg (ドライバー乗車時)
*Engine:V6 3.4 litre single turbo charged Mecachrome
*出力:620HP/8750rpm
*Fly by wire accelerator system
*リビルド距離:8000km
*最大トルク:600Nm
*Acceleration:0-100km/h=2.90sec
*Acceleration:0-200km/h=6.60sec
*最高速:335km/h (Monza仕様エアロ+DRS)
*最大減速G:-3.5G
*最大横G:+/-3.9G
*Full FIA F1 2017 safety standards
*Halo F1 specification
*サバイバルシェル-サンドウィッチ・カーボン/ダラーラ製アルミハニカム構造
*前後ウィング素材:ダラーラ製カーボン構造
*ホディワーク:ダラーラ製カーボン・ケブラー・ハニカム
*ギヤボックス:6速 ヒューランド・シーケンシャル
*クラッチ:ZF サックス・カーボン
*燃料タンク:FIA FT5 125 litres
*電子デバイス:マグネッティ・マレリSRG 480 ECU/GCU データロガー付き
*ブレーキ:6ピストンモノブロック・ブレンボ製キャリパー/TBCカーボンディスク/パッド
*ホイール/タイヤ:O.Z.Racingマグネシウム
*ステアリング方式:ノンアシスト・ラック&ピニオン

photo by FIA-F2


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
more

NEXT RACE

マレーシアGP(クアラルンプール)
セパン・インターナショナル・サーキット

開催日
2017/09/29〜10/01

PARTNER [協賛・協力企業]

F1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点で発信!
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。