F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >  > 2017年9月12日  クィンタレッリのカート世界選手権チャレンジ!!

NEWS

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

2017年9月12日

クィンタレッリのカート世界選手権チャレンジ!!

イタリアとオランダの若手とチームを組んで刺激し合って決勝に進出した中央のクィンタレッリ。38歳のチャレンジ!!

 

スーパーGTのトップドライバーとして活躍中のロニー・クィンタレッリが、8月27日の“最後の鈴鹿1000km”で素晴しい追い上げを見せた後、世界選手権のKARTに参戦した。

世界を代表する若手トップに混じって参戦したのは、9月10日に決勝レースを行なったドイツのワッカーズドルフ・カート・サーキットのミッション付きクラス。

立派なトランスポーターはビレルARTチーム。

時速150km/hというから、体感では400km/hくらいに感じる凄まじい速さのバトルで、クィンタレッリは20番手で決勝に進出し、19位でゴールした。

本人は、「トップ10を目指したかった」とのことだったが、最後にカートの世界選手権に参戦したのは1999年。その時は、ヨーロッパ選手権のチャンピオンで、世界選手権は4番手だったが、約20年振りのチャレンジは甘くなかった。

しかし、チャレンジ精神やよし。レースを振り返って、「実際に週末が始まると凄まじくレベルが高く、決勝に出られただけでよかった」とにこり。

元F1、現在インディカー参戦中のファン・パブロ・モントヤ(右から二人目)も応援に駆けつけた。

「日本のハイグリップに比べて、滑りやすいタイヤだったけれど、若い2人のチームメイトのデータロガーも参考に、ハイレベルなレースに参加していろいろ勉強になって、今後の日本のレースに行かせると思うので楽しみにしてください」と成果をコメントした。

今後の走りが益々楽しみ。

チャレンジの成果は、10月8日決勝のタイ戦と、最終戦の11月12日のもてぎで観られるはずだ。

カート世界選手権の様子はこちらから。

[STINGER]山口正己
photo by Ronnie Quintarelli / STINGER


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG625
2フェラーリ495
3レッドブル358
more

NEXT RACE

アブダビGP(ヤス・マリーナ)
ヤス・マリーナ・サーキット

開催日
2017/11/24〜11/26

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。