F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

2017年10月16日

室屋義秀、ワールドチャンピオン!!

最終戦で逆転チャンピオンを決めた室屋義秀。写真は、初勝利を飾った去年の千葉大会の翌日。

 

アメリカのインディアナポリス・モーター・スピードウェイで行なわれた2017レッドブル・エアレース最終戦で、室屋義秀がシーズン4勝目を挙げ、ポイントリーダーのマルティン・ソンカが3位になったことでポイントを逆転、ワールドチャンピオンを決めた。

言うまでもなく、日本人初の快挙となったこの日、会場には、5月にこの会場で行なわれたインディ500に優勝した佐藤琢磨も応援に駆けつけ、タイトル獲得を祝福した。

室屋義秀は、14人が参加する最初のフライトであるラウンド14でペナルティを食ったが、それでも1分06秒台という好タイム。対戦相手だったソンカもパイロンタッチのペナルティを受け、室屋義秀はラウンドof8に進んだ。破れたソンカは、敗者復活のトップだったことでこちらもラウンドof8へ。

風が強く、パイロンが大きく揺れる悪条件でパイロンタッチが続出する難しいコンディションの中で競技は進み、最後の4人が残るファイナル4を最初に飛んだ室屋義秀は、1分03秒台という驚異的なタイムを記録してソンカにプレッシャーを与え、ソンカが3番手に終わった結果、室屋義秀がタイトルを引き寄せた。

強風とテクニカルな曲がりくねったコースレイアウトのリスキーな設定のインディアナポリス・モーター・スピードウェイが、いつにも増したハイレベルなテクニックを要求し、波に乗る室屋義秀を後押しする結果だった。

 

[STINGER]山口正己

photo by [STINGER]


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
順位コンストラクタポイント
1メルセデスAMG668
2フェラーリ522
more

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。