F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   琢磨、会心のレースで痛恨のスピン!!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

琢磨、会心のレースで痛恨のスピン!!

9月19日にカリフォルニア州のモントレーで行なわれた2021年NTTインディカー・シリーズ第15戦ラグナセカの決勝レースで、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのNo.30 パナソニック/Mi-Jack ダラーラ・ホンダの佐藤琢磨は、本来の力が出ずに予選23番手からスタート。ごぼう抜きの展開を見せたが、ラグナセカの名所“コークスクリュー”で痛恨のスピンを喫して27位に甘んじた。

23番グリッドからスタートした琢磨は、24周目に予定のピットストップを行なって2番手まで浮上したが、コークスクリューで縁石に乗り上げスピン。コースに復帰したところでディクソンと接触。タイロッドにダメージを負ってピットイン。27番手でコースに復帰し、95周レースの83周目にリタイアを喫した。

シーズン最終戦となる次戦は9月26日にロングビーチで開催されます。

佐藤琢磨
「レース前半は素晴らしい展開でした。最初のイエロー中に行なったピットストップでアドバンテージを手に入れ、マシーンも最高の状態でした。朝のウォームアップでは3番手、昨日とはまるで違って文句の付けどころがありませんでした」

「ボクは心からレースを楽しみ、たくさんのライバルをオーバーテイクして2番手まで浮上しました。僕たちのペースはトップのドライバーとまったく一緒で、この点は心強く感じました」

「ところが第3スティントで、コークスクリューのイン側の縁石にタイヤを引っかけてしまいます。こんなことは、これまで一度もしたことがなかったのに、今日に限って起きてしまったミスによってマシーンをスピンさせてしまいました」

「その後、ディクソンと絡み、ディフューザーやトラックロッドを破損させたため、ピットに戻って交換しましたが、ダメージの影響は深く、最終的にリタイアに追い込まれました」

「ポテンシャルは本当に素晴らしく、上位フィニッシュは確実と思われました。ここ数戦、チームはマシーンのスピードに磨きをかけてきました。これは本当に素晴らしいことなので、ロングビーチはいいレースとなることを期待しています」

【STINGER】
photo by TS Office

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER