F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   角田裕毅の超高速バクーの闘い

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

角田裕毅の超高速バクーの闘い

リスキーなコースに億することなく、これまでの5戦を反省した丁寧なレースを見せた。

アゼルバイジャンGPで初めてQ3に進出したが最後のアタックでバリアに接触した角田裕毅+アルファタウリ・ホンダは、ノリス+マクラーレンがペナルティで3グリッドダウンしたことで、7番手グリッドからレースを始めることになった。

「予選の最後に当たってしまったけれど、ここはオーバーテイクもできるし、積極的に攻めてポイントを取りたいです。明日はまた別の一日になるので、気持ちを改めてレースに臨みます」と、ここでもプラス思考で前向きにレースに挑んだ。

スタートで若干出遅れてフェルナンド・アロンソ+アルピーヌに先を越されたが、7周目に抜き返してレースを進め、二度のセーフティカーにもことなく対応し、ここまでの失敗を繰り返すことなく、接触もなく超高速の難コースを完走した。

二度目のセーフティカーの後の赤旗待機中に、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのチームのフランツ・トスト代表が、父親のように角田裕毅に寄り添う場面もあり、角田裕毅が大切にされていことも伺えた。

セルジオ・ペレスは、シーズン前に、「新チームのレッドブル・レーシングのマシンやメンバーなどに慣れるまで5~6戦かかるので、夏前まで待ってほしい」というようにコメントしてたが、そのペレスが見事に優勝。角田裕毅も、“勉強期間”を卒業して、地に足が着いてきたことを思わせた。

次のレースは、スペインのカタルニア・サーキットと同じく、かつてテストで使われることが多かったフランスのポールリカール。美しく温暖な高速コースから、いよいよ角田裕毅のF1GP本格挑戦が始まる。

[STINGER]山口正己
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER