F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   F1、速っ!!–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと91日

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

F1、速っ!!–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと91日

92からつづく)

F1が楽しみになる、あんな話、こんな話。

現在のWEC的なスポーツカーレースが主役だった1970年周辺から時は流れ、バーニー・エクレストンの手腕もあって、F1のポテンシャルが日本の我々にも伝わって現在に至っている。その間、F1GPは巨大化し、マシンポテンシャルは究極的に高くなった。

現在のWECマシンの最高峰であるLMP-1クラスのハイブリッド車両のハイブリッドのエンジンパワーは、1000馬力といわれ、凄まじいポテンシャルを発揮しているが、それでもF1に届かない。

もちろん、WECは短くて6時間、長ければ24時間を走る必要がある。F1でルマン24時間を完走できない。F1は、2時間でレースが終わる。求める性能が違う。

トップスピードは、空気抵抗の少ないWECが400km/hに迫り、F1は360km/hほど止まりだが、予選の一発のタイムは、圧倒的にF1だ。耐久性と最高速でWEC、加速性能でF1マシン、ということになる。それはラップタイムに現れる。

2017年にF1とWECが行なわれたサーキットは、イギリスのシルバーストン、バーレーンのザヒール、中国の上海、ベルギーのスパ-フランコルシャンなど9戦中7戦だが、両者の予選を比べると、ラップタイムは概ね10秒ほどの差がついている。ちなみに、スパ-フランコルシャンでWECの予選最速は1分53秒台に対して、F1は1分42秒台。F1の凄まじさを現している。

90につづく)

[STINGER]山口正己
photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER