F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マールボロ

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マールボロ

090828 fe.jpg

◆スクーデリア・フェラーリ・マールボロは、今回もふたつの局面があった。キミ・ライコネンは3番手のタイムをマークした。ルカ・バドエルは、再び最後尾だった。「他のチームがどんなプログラムを進めているかが分からないフリー走行初日は、いつでもひとつまみの塩みたいなものだ」。とステファノ・ドメニカリ・チーム代表。

◆「F60の仕上がりには満足している。ドライでもウェットでも速かった。キミ(ライコネンは非常に速く、今週末の主役を演じられると思う。1秒ちょっとの間に19台が入っていることがいかに拮抗した闘いかを証明している。燃料をどれだけ積むかの僅かな差が、タイムシートの順番を変えることになるはずだ。20番手のルカ(バドエル)は、バレンシアより進歩したが、もっと走り込む必要がある。今朝の雨は、午後の彼のスピード・アップの助けにならなかった。週末に彼が進歩するのを見守りたい」。

◆ルカ・バドエル(フリー走行1=10位 / フリー走行2=20位)
「今朝の雨の中では自分ができたことに満足している。とはいえ、すべてドライコンディションで走れていれば、もっとクルマを理解すことができたと思う。午後は少しセットアップを変えてみた。でも、まだ自分のとライコネン+フェラーリビングスタイルに会ったセットを見つけられていない。すべてのコーナーでしっくり来ていないんだ。明日の朝も、セットを進める時間がある。予選の目標は明確だよ。Q1を通過することさ」。

◆キミ・ライコネン(フリー走行1=7位 / フリー走行2=3位)
「今日の出来は上々だね。全体的なフィーリングもいいい感じだ、クルマは速いよ。でも、今日が金曜日だってことは知っている。ライバルと比較してどうかはまだ安心でいないからね。ちょっとしたテクニカルな問題があったけれど、プログラムに影響するものではなかったよ」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER