F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース – ブリヂストン【日本GP(金)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース – ブリヂストン【日本GP(金)】

10_02_Bridgestone.jpg

テクニカルでチャレンジングな鈴鹿サーキットへ戻ったF1日本GP初日は、ブリヂストンのインターミディエイト・タイヤでボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのヘイッキ・コヴァライネンが最速ラップタイムを記録した。
午前中のプラクティス・セッションでは、乾き始めたウェットコンディションのコースで、コヴァライネンが最速ラップタイムを記録した。午後は終始雨となり、タイムが計測されたのはセッションの最後の30分間のみ。使われたのはブリヂストン
のウェット・タイヤだけで、エイドリアン・スーティル(フォース・インディアF1チーム)がトップタイムを記録した。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部長

—-今日の走行のポイントを教えて下さい。
「今日は、最新スペックのインターミディエイト・タイヤがここでは非常に良い性能を発揮することが分かりました。路面が乾き始めたコンディションでも、このタイヤは約20周程度は充分に高い耐久性を発揮することが確認できました。第2セッションは雨が降り続け、最初の1時間は走行が行われませんでした。今日はドライタイヤのデータを収集できませんでしたので、非常に興味深い週末になると思います」。
—-今回のタイヤ・アロケーションはこの週末にどのような影響を与えると思いますか?
「明日、天気が良くなり、ドライタイヤが使われるようになれば、ウェットとインターミディエイト・タイヤが使われた午前のセッションのデータは役に立ちません。雨ならば、ウェットコンディションの予選でグリッド順位が決まりますので、非常に興味深い1日になります。しかし、ドライならば限られた走行時間内にハードとソフト・タイヤのパフォーマンスを学ばなければならないことになりますので、これもまた非常に興味深い1日になります。従って、予選のみならず、日曜日の決勝レースもチームにとっては大きなチャレンジになるでしょう」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER