F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-ルノー・F1・チーム【オーストラリアGP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-ルノー・F1・チーム【オーストラリアGP(日)】

100328ren1.jpg

100328ren2.jpg
◆ロバート・クビツァ
決勝=2位
「冬の間チームが一丸となって頑張ってくれたおかげで2位に入れたんだ。素晴らしいよ。いつピットに入るか、戦術面で難しいレースだったんだ。(ジェンソン・)バトンのペースを見て、できるだけ早くインターミディエイト(ウェットとドライの中間のタイヤ)からスリックへ交換することに決めたんだ。ピットで(フェリペ・)マッサを捉えて、バトンより前でコースにもどったけど、スリックに交換して1周目だったから、抑えることができなかったんだ。後半、もう一度ピットに入ろうかと考えたんだけど、チームから最後までタイヤを注意深く使えば、交換の必要はないと言われたよ。すぐ後ろに(ルイス・)ハミルトンがいて、そのあとマッサも迫ってきたから、できるかぎりタイヤを労りながら走るのは楽じゃなかったけれど、結局タイヤは最後まで保って、最高の成績を収めることができた。この冬は懸命に努力してきたけれど、まだ速いチームに追いつくには、やらなければならないことがたくさんある。とはいえ、今回のレースはチームの士気を高める大きな材料になったよ」。

◆ヴィタリー・ペトロフ
決勝=リタイヤ
「出足がよかったから8番手につけられたし、何周かはトップ10に入ってウェット・コンディションの中を気持ちよく走れた。ほとんどのマシンとおなじタイミングでスリックタイヤに交換したけど、コースに出て間もなくターン3への減速区間でミスをしてしまってね。それでグラベル・トラップにつかまってしまったんだ。あれがなければポイントを獲れたはずだから、ものすごく残念だよ。それでもチームは素晴らしい結果を残したね。ロバートが2位になったことは、マシンのポテンシャルの高さを示すものになったと思うよ」。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER