F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   リリース-ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス【マレーシア(土)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

リリース-ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス【マレーシア(土)】

こちらはマクラーレンのオリジナルリリースを元に[STINGER]が製作したリリー
スですが、内容はオリジナルのものと同じです。
100403mc.jpg

◆ジェンソン・バトン
フリー走行3=7位/予選=17位
「最初の激しい雨だけで収まると考えて、待機していたんだ。結果的に、それが間違いだったというわけさ」。

「インターミディエイト・タイヤ(レインとドライの中間のタイヤ)を履いた1周目の感触はまずまずたった。問題はグリップを失う時の前兆がまったく感じられなかったことなんだ。コースの第1セクターはほとんどドライだったけど、左-右と続く高速コーナーは完全に濡れていたよ。そこでアクア・プレーニング※1を起して、足下をすくわれてグラベルトラップにつかまってしまったよ。まったく手の施しようがなかったし、エンジンがかかったままのマシンに乗って、ダメージを受けていないことを祈りながら助けを待っていただけさ」。

「ルイス(・ハミルトン)も僕もQ1脱落という、異常で残念なセッションだったよ。救いがあるとすれば、タイトル争いのライバルが3人とも僕より後ろからスタートするってことだね」。

◆ルイス・ハミルトン
フリー走行3=2位/予選=20位
「こういうこともあるさ。予選が始まるまでは、すごく順調だったんだ。あのあと、また雨になるとは思っていなかったんだ。他の有力チームとおなじタイミングでコースへ出て行って、結果的に皆が不運に見舞われたんだ」。

「走り出すと、いろいろなところでイエローフラッグが振られていて、状況がよく判らなかったよ。そのあとすぐに、雨が強くなってきたんだ。ものすごく滑りやすくて、まったく感覚がなかったよ。1周目にスピンしてしまったけど、あの状況では仕方のないことだったんだ」。

「初日からずっと最速だったのに、こんなことになってしまったけど、どうしようもないよ。とにかく現実を受けとめて、いつもどおりあきらめない気持ちでいくだけさ。レースでは速い相手だけではなくて、前にいるそれ以外のマシン相手にも集中して戦うつもりだよ」。

「それだけに、明日は楽しみだし、全力をだし尽くす覚悟でいるよ」。

※1:アクア・プレーニング
雨による水たまりでタイヤが水に乗ってグリップを失い、マシン制御できなくなる状態

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER