F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース > 2017年11月13日  緊張感満載のバトル合戦–2017F1GP第19戦ブラジルGP決勝

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

2017年11月13日

緊張感満載のバトル合戦–2017F1GP第19戦ブラジルGP決勝

サンパウロのオートドロモ・ホセ・カルロス・パーチェで行なわれたブラジルGPで、セバスチャン・フェッテル(フェラーリ)が、ポールポジションのバルテリ・ボッタス(メルセデス)をスタートで交わしてそのまま逃げきり、2.7秒差で47勝目を飾った。

スタート直後の2カ所のアクシデントで、マグヌッセン(ハース)、ヴァンドーン(マクラーレン・ホンダ)、オコン(フォースインディア)が消え、リカルド(レッドブル)は再走したが、ここで早々にセーフティ・カーが導入される混乱の開幕。レースは随所で拮抗したバトルが繰り広げられた。

逆に、セーフティ・カーで救われたのは、予選でクラッシュしてピットレーンからスタートしたルイス・ハミルトンだった。セーフティ・カーのタイミングで最後尾に食らいつき、驚異的なペースで追い上げを敢行、ピットインを先のばしして新品のスーパーソフト・タイヤに交換すると、ファステストラップを何度も更新。残り10周辺りに3位のキミ・ライコネン(フェラーリ)に追いつき、手に汗握る接近戦を展開した。ライコネンもギリギリの走りで応戦、表彰台を守りきった。

最後の母国GPを7位で完走したフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)に、レース終盤に迫ってきたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)とのバトルも白熱。さらにアロンソの後方にペレス(フォースインディア)が迫り、まんじりともしない三つ巴の闘いが観客席を熱狂させた。

見応えあるレースのあと、最後の母国GPで見せ場を作ったフィリッペ・マッサが表彰台に招かれ、ブラジルのファンの声援に応えた。

次のレースは最終戦のアブダビGP。11月26日(日)にヤス・マリーナ・サーキットでトワイライトレースを行なう。

◆2017F1GP第19戦ブラジルGP結果
1. フェッテル+フェラーリ
2. ボッタス+メルセデス
3. ライコネン+フェラーリ
4. ハミルトン+メルセデス
5. フェルスタッペン+レッドブル
6. リカルド+レッドブル
7. マッサ+ウィリアムズ
8. アロンソ+マクラーレン・ホンダ
9. ペレス+フォースインディア
10. フルケンベルグ+ルノー
11. サインツ+ルノー
12. ガスリー+トロロッソ
13. エリクソン+ザウバー
14. ウェーレイン+ザウバー
15. グロジャン+ハース
16. ストロール+ウィリアムズ
—-以下、リタイア
ハートレー+トロロッソ
オコン+フォースインディア
マグヌッセン+ハース
ヴァンドーン+マクラーレン・ホンダ

[STINGER]山口正己
Photo by Ferrari S.p.A


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG625
2フェラーリ495
3レッドブル358
more

NEXT RACE

アブダビGP(ヤス・マリーナ)
ヤス・マリーナ・サーキット

開催日
2017/11/24〜11/26

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。