F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース > 2018年1月8日  アロンソ、デイトナを試走–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと77日

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

2018年1月8日

アロンソ、デイトナを試走–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと77日

78日からつづく)

知れば知るほどF1開幕が楽しみになる。

フェルナンド・アロンソが1月25日決勝のデイトナ24時間に出場するためにテストを行なった。

デイトナ24時間は、ル・マン24時間と並ぶ二大耐久レース。歴史もあるが、同じ24時間でもル・マンに届かないことがある。それはリスクの大きさだ。

世界三大レースのモナコGP、インディ500、ルマン24時間の3レースに共通しているのは、“リスキーなコース”ということだ。どれもガードレールがコースギリギリまで迫り、エスケープゾーンがほぼゼロ。

ル・マンとモナコを経験している中嶋一貴は、“スピードも全然違うので、リスクはモナコよりはるかにル・マンが上”と証言した。

ちなみに、ルマンのセーフティ・ゾーンがないことがよく分かる映像がある。1977年のものだから、シケインがなく、6kmのユノディエール・ストレートの長さが凄まじいことともに、コースを外れた時を想像すると、乗ってなくても充分に恐怖を味わえる。

Qualifying Le Mans 1977 – on-board Porsche 936/77 Spyder

This video from our archives never gets old. Witness a qualifying lap with the Porsche 936/77 at Le Mans 1977 and make sure to mark your calendar for this year’s 24h of Le Mans on June 17th and 18th.

Porscheさんの投稿 2017年6月2日(金)

さて、ル・マンとデイトナだが、デイトナは、ル・マンに比べると、平均速度も低めで、セーフティ・ゾーンもそれなりにある。つまり、簡単ではないとはいえ、ル・マンに比べるとマシンやドライバーにかかるストレスは若干優し目。

ということで、フェルナンド・アロンソがデイトナを選んだということは、“練習”としてうってつけ、という見方もでき、いずれにしても、デイトナ24時間本番のアロンソの動きが気になるところだ。

(76日目につづく)

 

[STINGER]山口正己
写真素材 by INDYCAR/Forrest Mellott


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
順位コンストラクタポイント
1メルセデスAMG668
2フェラーリ522
more

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。