F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース > 2017年11月1日  FIA、次世代エンジンの構想を発表

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

2017年11月1日

FIA、次世代エンジンの構想を発表

次世代パワーユニットでオーダーはどう変化する?(写真は2017年メキシコGPのもの)

F1とFIA(国際自動車連盟)は31日(火)、2021年から導入予定の次世代パワーユニットの構想を発表した。

サウンドの改善やコスト削減を目指す次世代パワーユニットでは、現在使用されているMGU-H(熱エネルギー回生装置)が廃止される予定になっている。

FIAは今年の年末に2021年パワーユニットの規定を明確化して発表する予定ではあるものの、各エンジンメーカーは来年末にすべての情報が出そろうまではパワーユニットの開発を進めることができない。

31日に各エンジンメーカーの代表に提示された現時点での構想は次の通り。

■1.6リッター V6ターボ・ハイブリッド
■エンジンサウンド改善のためにエンジンの回転数を3000rpm(回転数/分)向上させる。
■開発コストを抑え、極端なデザインや走行状態を制限するために内部設計のパラメーターを設ける。
■MGU-Hの廃止
■MGU-K(運動エネルギー回生装置)を強化し、ドライバーがレース中に手動でデプロイメント(チャージしたエネルギーの放出)可能にすることに重点を置く。また、ドライバーがレースをコントロールするための戦術的な要素として、MGU-Kがチャージしたエネルギーを数周にわたってセーブできるオプションを導入する。
■サイズと重量に制限を設けたシングルターボ。
■標準エナジーストア(バッテリー)と電子制御
■エンジン、シャシー、トランスミッション同士の互換性を高める、”プラグ・アンド・プレイ(周辺機器同士を接続するだけで即座に使用できるようにすること)”を可能にするための高水準の設計の導入。
■より厳しい燃料レギュレーションと燃料使用回数の制限

【STINGER】
Photo by Getty Images / Red Bull


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG625
2フェラーリ495
3レッドブル358
more

NEXT RACE

アブダビGP(ヤス・マリーナ)
ヤス・マリーナ・サーキット

開催日
2017/11/24〜11/26

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。