F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

2018年1月13日

HONDAの2018体制

本田技研工業株式会社は、1月12日に幕張メッセで開幕したオートサロンの会場で、2018モータースポーツ計画を発表した。

ホンダは、2輪と4輪の多岐にわたるモータースポーツ活動を展開/支援しているが、四輪モータースポーツ活動は以下の通り。

FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)は、既に公表されている通り「Toro Rosso Honda」のパワーユニットサプライヤーとして参戦。ドライバーはピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーの2名で挑む。

SUPER GTは、GT500クラスを昨年同様に5チーム5台体制で参戦。2017年に投入した「NSX-GT」をさらに熟成させ、タイトル獲得を目指す。

昨年の鈴鹿1000kmで同シリーズでのデビューを果たしたジェンソン・バトンが、去年の鈴鹿1000kmでジョイントし、噂されたチーム無限ではなく、高橋国光監督率いるゼッケン100に乗り、F1チャンピオン経験者として初めてSUPER GTにフル参戦する。

また、全日本スーパーフォーミュラ選手権では、F1のサポートレースとして位置づけられるFIA-F2を2年間経験した松下信治と、2016年からFIA-GP3に参戦した福住仁嶺が、それぞれ、チーム・ダンディライアンとチーム無限からスーパーフォーミュラの新人として参戦。ホンダ・エンジン搭載チームは5チーム8台となる。

また、佐藤琢磨がインディ500優勝で一気に名をなげた北米のインディカー・シリーズは、アメリカン・ホンダモーターの子会社であるホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)から、5チーム12台に2.2L V6ツインターボエンジン「HI18TT」が供給される予定。

9年目のシーズンを迎える佐藤琢磨は、アンドレッティ・オートスポートからレイホール・レターマン・ラニガン・レンシングに移籍してインディ500連覇とシリーズチャンピオンの座を狙う。

さらに、市販車をベースとしたレーシングマシンとして昨年発表されたNSX GT3は、北米、欧州、日本を始めとした世界各地のGT選手権や耐久レースに参戦。国内では、2017年にWTCCにフル参戦した道上龍がドライバーラインナップに復活した。

CIVIC TCRは、昨年までのWTCCを引き継ぐ新たなシリーズである「FIAワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)」や、世界各国のツーリングカーレースに、カスタマーチームを通じて参戦する。

 

◆FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)
チーム名 No. ドライバー 年齢 出身地 2017年戦績
Toro Rosso Honda(仮称)
(トロロッソ・ホンダ)
10 Pierre Gasly
(ピエール・ガスリー)
21 フランス SF
2位
28 Brendon Hartley
(ブレンドン・ハートレー)
28 ニュージーランド FIA 世界耐久選手権
チャンピオン
◆SUPER GT<GT500クラス>
チーム名 No. ドライバー 年齢 出身地 2017年戦績
AUTOBACS RACING TEAM AGURI
(オートバックス・レーシング・チーム・アグリ)
8 野尻 智紀
(ノジリ・トモキ)
28 茨城県 GT500
9位
伊沢 拓也
(イザワ・タクヤ)
33 東京都 GT500
7位
TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)
16 武藤 英紀
(ムトウ・ヒデキ)
35 東京都 GT500
18位
中嶋 大祐
(ナカジマ・ダイスケ)
28 愛知県
KEIHIN REAL RACING
(ケーヒン・リアル・レーシング)
17 塚越 広大
(ツカコシ・コウダイ)
31 栃木県 GT500
10位
小暮 卓史
(コグレ・タカシ)
37 群馬県
Epson Nakajima Racing
(エプソン・ナカジマ・レーシング)
64 Bertrand Baguette
(ベルトラン・バゲット)
31 ベルギー GT500
11位
松浦 孝亮
(マツウラ・コウスケ)
38 愛知県
TEAM KUNIMITSU
(チーム・クニミツ)
100 山本 尚貴
(ヤマモト・ナオキ)
29 栃木県 GT500
7位
Jenson Button
(ジェンソン・バトン)
37 英国 GT500
第6戦スポット参戦
◆全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)
チーム名 No. ドライバー 年齢 出身地 2017年戦績
TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)
15 福住 仁嶺
(フクズミ・ニレイ)
20 徳島県 GP3
3位
16 山本 尚貴
(ヤマモト・ナオキ)
29 栃木県 SF
9位
B-Max Racing team
(ビーマックス・レーシング・チーム)
50 TBA
TCS NAKAJIMA RACING
(ティーシーエス・ナカジマ・レーシング)
64 Narain Karthikeyan
(ナレイン・カーティケヤン)
40 インド SF
参戦
65 伊沢 拓也
(イザワ・タクヤ)
33 東京都 SF
13位
REAL RACING
(リアル・レーシング)
TBA 塚越 広大
(ツカコシ・コウダイ)
31 栃木県 SF
15位
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
(ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング)
TBA 野尻 智紀
(ノジリ・トモキ)
28 茨城県 SF
17位
TBA 松下 信治
(マツシタ・ノブハル)
24 埼玉県 F2
6位
◆インディカー・シリーズ
チーム名 No. ドライバー 年齢 出身地 2017年戦績
Rahal Letterman Lanigan Racing
(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)
TBA 佐藤 琢磨
(サトウ・タクマ)
40 東京都 インディカー・シリーズ
8位

[STINGER]
photo by HONDA


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
順位コンストラクタポイント
1メルセデスAMG668
2フェラーリ522
more

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。