F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのアゼルバイジャンGP初日by田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのアゼルバイジャンGP初日by田辺TD

初日の最速は、ペレス+レッドブル・ホンダ

2021F1GP第6戦アゼルバイジャンGP初日、フリー走行1と2を終えたホンダは、4台がトップ10入りした。

レッドブル・ホンダが1-2、スクーデリア・アルファタウリの2人もトップ10入りし、ホンダのPU搭載勢は好調なスタートを切った。

昨年はコロナ禍の影響で開催が見送られ、バクーの市街地コースは2年ぶり。長いストレートを持つ市街地コースという特性上、ドラッグを減らしたい2.2kmのストレートでの最高速と、ダウンフォースが要求される中低速セクションでの空力効率を両立させることが重要くにになる。

FP1では、レッドブル・ホンダが好ペースを見せ、マックス・フェルタッペントップ、セルジオ・ペレスが4番手に着けた。

スクーデリア・アルファタウリも、ピエール・ガスリーがフェルスタッペンから約0.5秒差の6番手、バクーが初走行となった角田裕毅は、コースオフする場面はあったものの、マシンを傷めることなく14番手でセッションを終えた。

角田裕毅は、トラブルフリーで初日を終え、進化を見せた。

各車がぺースアップしたFP2では、ペレスがトップタイム、フェルスタッペンも0.101秒差の2番手で、レッドブル・ホンダが1-2。ガスリーは、トップから約0.4秒差の5番手に。角田もタイムアップし、ルイス・ハミルトン(メルセデス)の前の10番手を記録した。

4台ともロングランもこなし、決勝に向けて充実した初日を終えた。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「アゼルバイジャンGP初日は、昨日まで風が強かったせいで路面が非常にダスティーな状態でスタートし、セッションが進むにつれて路面が改善されていく一日になりました」

「90度コーナー手前でブレーキングが足らずにエスケープロードへ飛び込むマシンで、イエローフラッグが何度か出てアタックを中断させられましたが、ホンダ勢の4人は、大きなトラブルなくセッションを終え、午後のFP2では4台がトップ10に入り、いい形で週末を始めることができました」

「適正なマシンセッティングを見つけるのが難しいサーキットですので、ライバルもここからまだまだ改善を重ねていくと思っています。我々のPUも車体もまだまだ最適化の余地があります。本日のデータを解析して明日の予選と日曜のレースに向けてセ ットアップを進めます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER