F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダの2021開幕戦バーレーンGPの予選by田辺TD

NEWS

ホンダの2021開幕戦バーレーンGPの予選by田辺TD

マックス・フェルスタッペンのポールポジションは、パワーユニット・サプライヤとしてのホンダにとって1991年(アイルトン・セナ+マクラーレン/フェニックス=アメリカGP)以来の開幕ポールを獲得だった。

2021年開幕戦の予選は激戦となり、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得。ホンダ・ユーザーは2台がQ3進出を果たし、予選前のFP3で、データに異常が確認されたピエール・ガスリーのスクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、エナジーストア(ES/バッテリー)とコントロールエレクトロニクス(CE)をセッション後に交換して5位に食い込んだ。

予選Q1での1回目のアタックでは、トップタイムのフェルスタッペンを筆頭に、F1デビュー戦の角田裕毅が2番手、ガスリーが4番手、セルジオ・ペレスが5番手と、4台がトップ5入りし、4台そろってのQ2進した。

僅差の戦いになったQ2では、決勝のスタートタイヤを考慮し、4台ともにミディアムタイヤでQ3進出を狙ったが、ペレスは1回目のアタックでトラックリミット違反でタイム抹消。2回目のアタックでノックアウトラインに0.035秒届かず、11番手でQ2で敗退。角田も2回目のアタックでタイムを伸ばせず、13番手でQ3進出ができなかったが、両者ともにレースでスタートタイヤを自由に選択でき、本人もチームもレースへの自信が伺えた。

フェルスタッペンとガスリーがQ3に進出。フェルスタッペンは、1回目のアタックからトップタイムをマー。メルセデスのルイス・ハミルトンが0.023秒差の2番手に接近したが、2回目アタックでさらにタイムを伸ばし、3セクター総てで最速タイムで、2番手に約0.4秒の大差をつけて自身通算4度目のポールポジションを獲得。ガスリーが、ボッタス+メルセデス、ルクレール+フェラーリに続く5番手で決勝レースをスタートする。

田辺豊治ホンダF1テクニカルディレクター
「2021年F1開幕戦の予選は、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンがポールポジションを獲得、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリーが5番手で、レースに向けて非常にポジティブな結果になりました」

「レッドブル・レーシングのペレスと、今回がF1デビューのスクーデリア・アルファタウリの角田は、レーススタート時に使用するタイヤが決まるQ2セッションをミディアタイヤで突破しようとしたものの、惜しくもQ3に進むことができず、それぞれ11番手と13番手となりました」

「最終予選結果では13番手となった角田選手ですが、Q1をフェルスタッペン選手に続く2番手タイムで通過するなど、ペレス選手とともに素晴らしいスピードを見せていますので、明日のレースでの走りに期待したいと思います」

「2チーム、4台ともにレースでの競争力があると思いますので、きちんとレースを走りきり、結果につなげられるよう、ここからさらに入念に準備を進めて明日のレースに臨みます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし