F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダ・パワー好調持続–オーストリアGP初日

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダ・パワー好調持続–オーストリアGP初日

風光明媚な丘の上を行くフェルタッペン+レッドブル・ホンダと角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ。

7月2日金曜日、3連戦の締めくくりとなるレッドブル・リンクでの2戦目、第9戦オーストリアGPのスケジュールが始まった。

初日のフリー走行1で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイム、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダもフリー走行1、2とも上位につけ、ホンダ勢は順調な滑り出しを見せた。

FP1の序盤に、角田裕毅がターン4でグラベルにはみ出す場面はあったが、問題なくコースに復帰して5番手タイムをマーク。Hondaパワーユニット勢は全車がトップ10入りし、セルジオ・ペレスが8番手、ピエール・ガスリーが9番手でFP1を終えた。

また、ピレリが、2022年を睨んだリアの構造が新しいタイヤを各チームに4セット、1ドライバーあたり2セットのテストタイヤが供給され初日の2セッションで使用して評価を実施した。

FP2ではソフトタイヤも使われ、フェルスタッペンがメルセデスの2台に続く3番手。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは角田裕毅が6番手、0.023秒差の7番手にガスリーが並んだ。ペレスは11番手とタイムは目立たなかったが全ドライバーで最多の39周を走行した。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「先週のシュタイアーマルクGP に続き、レッドブル・リンクで2週連続開催となるオーストリアGPの初日が終了しました。これが今回の3連戦の最終戦となります」

「今日は、前戦で収集したデータを元に準備をして、さらに本日の走行の中で最適化を進めていきました。4台のマシンともに大きなトラブルなく、順調に初日のプログラムを消化できたと思います」

「明日の予選、また日曜のレースでは、若干コンディションが変わる天気予報が出ており、雨の可能性もあるようです。天候の変化などにも備え、今日のデータを解析してセットアップを進めていきます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER