F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   順調なホンダのオーストリアGP予選

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

順調なホンダのオーストリアGP予選


3日土曜日にレッドブル・リンクで行なわれた2021F1GP第9戦オーストリアGPの予選は、フェルスタッペンの3連続PPと、ホンダは91年以来の3連続PPという区切りのレースになった。

さらに、セルジオ・ペレスが3番手、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダも好調さを維持、ピエール・ガスリー、角田裕毅が6番手と7番手と、ホンダPU勢4台がトップ7に入り、日曜日は5連勝をかけてレースに挑む。

予選Q1では、フェルスタッペンがトップタイム、ペレスが8番手で通過したが、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、ガスリーのアタック1回目がトラックリミット違反で取り消しとなるなど、やや苦戦した。ガスリーは2度目のアタックで9番手に入り、角田裕毅も14番手で突破。8位のペレスから角田まではわずか0.134秒差と、極めて僅差の戦いになった。

Q2も激しい戦いとなり、レッドブル・ホンダはフェルスタッペン、ペレスともにミディアムタイヤで突破。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、両ドライバーがソフトタイヤで好走を見せ、ガスリーが4番手、角田が8番手でQ3へ進出。ホンダPU勢は2戦連続で4台がトップ10入りを果たした。

Q3では、1度目のアタックでフェルスタッペンがトップタイム。2度目はタイム更新できなかったが、ポールポジションを決めた。ペレスは2度目のアタックでタイムを伸ばし、3番グリッドとなった。

スクーデリア・アルファタウリ・ホンダも最終アタックで好タイムをマーク、ガスリーが6番手、角田が7番手に。ガスリーのタイムは4・5番手のメルセデス勢と0.1秒未満の差。角田も自己ベストグリッドを更新する走りを見せた。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「今日のオーストリアGP予選は、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが素晴らしいパフォーマンスで3戦連続のポールポジションを獲得しました。チームメートのペレスも3番手と、明日のレースに向けて、レッドブル・ホンダの2台が非常にいいグリッドを確保できました」

「スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリーは、今日も力強い走りで3戦連続の6番手、角田選手は自己最高となる7番手と、こちらも明日のレースに向けて非常にいい結果です。先週に続きレッドブルのホームサーキットで4台がQ3進出と、力強い予選結果を残すことができてよかったと思います」

「明日は一時的に天候が崩れる予報も出ています。いいポジションでスタートできるので、これをレース結果に繋げられるよう、天候の変化なども含めて色々な場面を想定した準備を行い、明日のレース本番に臨みます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER