F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   スクーデリア・アルファタウリがガスリーの契約にピリオド

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

スクーデリア・アルファタウリがガスリーの契約にピリオド

ピエール・ガスリーはどこへ? さらに気になる角田裕毅の2023年。

アルファタウリは、24日、ピエール・ガスリーとの契約延長を発表した。ただし、それは“2023限り”とするもの。つまり、延長ではなく終了を伝えたことと理解できる。

チームからのリリースは、“PIERRE GASLY STAYS WITH US FOR 2023”としていることから、がスリーが今シーズン限りでチームを去るという噂は一蹴されたが、逆に、2024年はない、ことが明らかになったとの解釈ができる。

チームメイトの角田裕毅については、コメントはなし。角田裕毅の2023年シーズンは、いまのところ、保証されていない。むしろ、日本のファンにとっては、ガスリーの去就より、角田裕毅の行く末の方が気になることろ。

というのは、ホンダが“休戦”という形で表面から姿を消したということは、日本人である角田裕毅が後ろ楯を失ったことを意味し、カナダGPで、ピットアウトの最初のコーナーでバリアに直進したリタイアの仕方が、“いかにも”と解釈されるここまでの戦績から、契約更新の難易度が高まったと観るのが自然な解釈だ。

今後、スクーデリア・アルファタウリのフランツ・トスト代表がどう判断するのか。ホンダのF1での立ち位置が、確固たるものではない揺らいだものになっている今、心配だけが募っている。

もちろん、ホンダのパワーユニットを引き取ったレッドブル・レーシングが、ホンダとの契約の中で、角田裕毅のことも含まれているのなら、話は違ったものになるけれど、そこについては、現段階ではなんともいえない空気が流れている。

[STINGER]山口正己
photo by Scuderia AlphaTauri

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER