F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   「ポテンシャルをまだまだ出し切れていない」–ハースF1チームの小松礼雄レース・エンジニア

NEWS

「ポテンシャルをまだまだ出し切れていない」–ハースF1チームの小松礼雄レース・エンジニア

2018年のマシンに自信を見せる小松レース・エンジニア。

ハースF1チームは今年で誕生3年目を迎えた。デビュー戦となった2年前のメルボルンでいきなり6位に食い込んだことは記憶に新しい。

今回も、予選前から「ポテンシャルがあることはわかっている」と自信をみせていた小松エンジニアだったが、予選後に「もうちょっと行けたはず」というコメントに少々面食らった。しかし、でまかせではなくそういわせた説得力ある理由があった。

ハースは全体で200人以下の”小さいチーム”(小松エンジニア)だ。フェラーリやメルセデス、古巣のルノーとは比べ物にならない。その中で、マシンはもちろん、チーム全体の”エンジニアリング”を構築し、昨年型の開発をシーズン終盤にきっぱり止めて、今年型の開発にリソースを回した。それを推進したのが、小松エンジニアだった。

「だからこの予選結果は、嬉しいというより、ホッとしています」

開発をストップしたマシンでシーズン終盤を戦ったチームメンバーは辛かった。でも、その我慢があったからこそ今日の結果が実現した。マシン自体はもちろん、トータルパッケージングが重要だが、チームそのものも、全体の見極めが重要なことが立証された。

“もうちょっと、というと、0.5秒くらい速くなったということでしょうか”と水を向けると、「0.5秒は”ちょっと”じゃないですよ、0.1秒とかそれくらい」と間髪入れずにコメントが返ってきた。

「レースを完走できるかどうか」が肝心とも言った。「大きなチームなら、次のレースに投入できる改善も、5レースかかるんです。今改善すべきことはわかっていますが、なかなか手が回らない」。

そんなハースF1チームを、改めて応援したくなった。「怖い」”AYAO”の前では直立不動の二人のドライバーのことも含めて。

STINGER 山口正己
photo by STINGER

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン188ポイント
2位セバスチャン・フェッテル171ポイント
3位キミ・ライコネン131ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG310ポイント
2位フェラーリ302ポイント
3位レッドブル211ポイント
more

NEXT RACE

ベルギーGP(スパ-フランコルシャン)
スパ-フランコルシャン・サーキット

開催日
2018/08/24〜08/26
(日本時間)