F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   合同テスト-2最終日 — トップはライコネン、メルセデスは信頼性の高さ示す

NEWS

合同テスト-2最終日 — トップはライコネン、メルセデスは信頼性の高さ示す

6日(火)~10日(金)の4日間、スペイン-バルセロナにあるカタルーニャ・サーキットでおこなわれれたシーズン開幕前最後のテストとなったバルセロナ・テスト2、4日目のトップタイムはスクーデリア・フェラーリのキミ・ライコネンが記録した。

2位はマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソ、3位はルノー・スポール・フォーミュラ ワン・チームのカルロス・サインツと好調のルノー勢が続いた。

トップ周回数はルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの2人合計201周のメルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツで、2位のハース・F1・チームのロメイン・グロジャンに20周近い差をつけ、圧倒的な信頼性の高さを見せた。

今週のテストを1台のパワーユニットで走り切ったレッドブル・トロロッソ・ホンダの最終日はブレンドン・ハートレイが担当。終盤、パワーユニットにデータ異常が見つかったため、リカバーに十分な時間がなくふたたびトラックに戻ることはできなかったが、それまでは順調に周回数を伸ばして5番目に多い156周を記録した。

今シーズンのプレシーズン・テストはこれですべて完了し、次に各チームがマシンを走らせるのは、今シーズンの開幕戦、オーストラリアGP金曜フリー走行1(23日)となる。

バルセロナ・テスト2 – 最終日
順位ドライバーチームタイムタイヤ周回数
1位 キミ・ライコネンフェラーリ1:17.221ハイパーソフト157 周
2位 フェルナンド・アロンソマクラーレン1:17.784ハイパーソフト93 周
3位 カルロス・サインツルノー1:18.092ハイパーソフト45 周
4位 ダニエル・リカルドレッドブル1:19.327 スーパーソフト92 周
5位 ロメイン・グロジャンハース1:18.412 ウルトラソフト181 周
6位 バルテリ・ボッタスメルセデス1:18.825ミディアム104 周
7位 ブレンドン・ハートレイトロロッソ1:18.949ハイパーソフト156 周
8位エステバン・オコンF.インディア1:18.967ハイパーソフト163 周
9位 シャルル・ルクレール ザウバー1:19.118ハイパーソフト75 周
10位 セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1:19.189 ソフト105 周
11位 ルイス・ハミルトンメルセデス1:19.464 スーパーソフト97 周
12位 ランス・ストロールウィリアムズ1:19.954 ソフト27 周

*タイヤは最速タイム計測時に使用したものです。

タイヤの種類
 やわらかい         かたい
 ハイパーソフト ウルトラソフト スーパーソフト ソフト ミディアム ハード スーパーハード
※参考タイム:
1:17.182(バルセロナ・テスト2、3日目にフェッテルが記録した最速タイム)
1:18.047(バルセロナ・テスト2、2日目にリカルドが記録した最速タイム)

1:20.396(バルセロナ・テスト2、初日にフェッテルが記録した最速タイム)

1:19.333(バルセロナ・テスト1、最終日にハミルトンが記録した最速タイム)
2:18.545(バルセロナ・テスト1、3日目にアロンソが記録した最速タイム)
1:19.673(バルセロナ・テスト1、2日目にフェッテルが記録した最速タイム)
1:20.179(バルセロナ・テスト1、初日にリカルドが記録した最速タイム)
1:21.765(昨年のバルセロナ・テスト1初日にハミルトンが記録した最速タイム)
1.18.634(昨年のバルセロナ・テスト2最終日にライコネンが記録した最速タイム)
1:19.149(昨年のスペインGP予選Q3でハミルトンが記録した最速タイム)
【STINGER】
Photo by MERCEDES AMG PETRONAS Formula One Team
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン281ポイント
2位セバスチャン・フェッテル241ポイント
3位キミ・ライコネン174ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG452ポイント
2位フェラーリ415ポイント
3位レッドブル274ポイント
more

NEXT RACE

ロシアGP(ソチ)
ソチ・アウトドロモ

開催日
2018/09/28〜09/30
(日本時間)