F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   1990年以来のF1開催のポールリカール②1990年フランスGP

NEWS

1990年以来のF1開催のポールリカール②1990年フランスGP

表彰台の3人、カペリ、プロスト、セナ。左の黄色のシャツは、フェラーリのフィオリオ監督。

名レースのひとつとして、1990年のフランスGPは記憶されている。ポールリカールで最後にフランスGPが行なわれたレースだ。

主役は、ナイジェル・マンセルとのコンビでフェラーリ641をドライブしたアラン・プロスト、そして、アドリアン・ニューウェイのF1での出世作となったレイトンCG901駆る、現在モンツァの支配人を務めるイーヴァン・カペリ。レイトンハウスは、日本期待のチームだった。

ポールリカールの特徴は、路面の良さ。新進気鋭のニューウェイがデザインしたレイトンハウスは、先進的だが神経質で、カペリと、チームメイトのマウリシオ・グージェルミンを苦労させていた。だが、路面がフラットなポールリカールで本領を発揮、一気にトップ争いに加わった。

レースは、ポールポジションのマンセル(フェラーリ)を、2番グリッドからスタートしたゲルハルト・ベルガー(マクラーレン・ホンダ)がパスしてトップでレースを始め、その後、セナ(マクラーレン・ホンダ)、マンセル(フェラーリ)、パトレーゼ(ウィリアムズ・ルノー)、カペリ(レイトンハウス・ジャッド)と目まぐるしくトップが交代する白熱戦になった。そして残り周のところで、プロストがカペリを交わして優勝。日本のファンにとっては忘れられない1戦になった。

[STINGER]山口正己
photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン408ポイント
2位セバスチャン・フェッテル320ポイント
3位キミ・ライコネン251ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG655ポイント
2位フェラーリ571ポイント
3位レッドブル419ポイント
more
情報なし