F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   アルファタウリAT01を近くで観よう!【スティングくんのひとこと】

NEWS

アルファタウリAT01を近くで観よう!【スティングくんのひとこと】

今年のマシンは2006年から2019年までのトロロッソ時代のマシンネーム「STR」が使われることはなく、「AT」の名前になり、スクーデリアトロロッソ改めアルファタウリとして装いも新たに再出発!

アルファタウリの記念すべき第一号は、『AT01』と名付けられた。カラーリングは濃紺と白色というシックなカラーリングになった。2006年のウィリアムズに少し似てるかな?

なんといってもこのサイドポッドのホンダのロゴ。目立つ色にしてくれてることを考えると、ホンダとレッドブルの関係が良好であることがうかがえるね。

非常に美しいデザイン。トロロッソ時代の派手さはないものの、大人の色気を感じる落ち着いた印象に。

でも少し残念なのが、この角度ではホンダのロゴが少し見えづらいところだ……。

紺と白で塗装されたマシンだけど、実は紺色の部分がツヤ消し、白い部分はツヤありで塗装されている。これが空力にどのように影響するのだろうか?今後、白い部分もツヤ消しになる可能性もあるよね。塗装で速さが変わるなんて不思議だ。ノーズ付け根に目を移すと、昨年型マシンには無かった緩い段差が見られる。これは2019年のRB15に似ているように見える。

前方上側から。ノーズの形状は2018年のRB14に似た、先端に向かって広がったタイプ。これはSTR14から大きく変わった様子はないように見える。

バージボードを覆うように装着されたウィングが特徴的。小さいウィングがたくさん付いてるってわけでもないね。

前方からのアングル。うーん、Hロゴが非常に目立っていて、とてもうれしい。

サイドポッド入口はSTR14に比べてかなりコンパクトになったことがわかる。

上からのアングルも綺麗にまとまっている。

クビアトのヘルメットが日の丸に見える……のは気のせいだろうか……?

サイドビュー。このデザインでリアカウルに大きくチームロゴが入ってるとアルファロメオ感強め。横からだとHONDAのロゴがよく見える。実際走ったときにどう見えるのかな。

HONDA HYBRID」。スポンサーロゴなどはほとんど無い。

 

 

最後は昨シーズン型マシンSTR14との比較。同じチームだったといっても誰も信じないだろうね。そのくらい違う。

どちらもカッコイイ!けどもうアルファタウリを受け入れる準備はできた!!

–まとめ–

「トロロッソありがとう!よろしくアルファタウリ!」

[スティングくんでした]
Photos by Red Bull Content Pool / Lars Baron/Getty Images

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン190ポイント
2位バルテリ・ボッタス135ポイント
3位マックス・フェルスタッペン110ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG325ポイント
2位レッドブル173ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more

NOW RACE

シンガポールGP
マリーナ・ベイ市街地サーキット

開催日
2020/09/18〜09/20
(日本時間)