F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   2010年からマシンの最低重量が620Kgに

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

2010年からマシンの最低重量が620Kgに

090502RK.jpg
長身のクビツァは、体重が重いためバラスト(おもり)搭載の制限に苦しんだ。

FIAは、マシンの重量規定を2010年から620Kgに引き上げることを発表。

現在、マシンの重量規定は、ドライバーの体重を含めて605Kgまで。これにKERSを積むと、体重の重いドライバーは、マシンを理想的なバランスにするために各部に配置するバラスト(おもり)の搭載量が減ってしまうため、ドライバーによって不利な状況となっていた。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER