F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   シーズン歓待特別企画 【浜島裕英、「2010年」を語る】 4/9

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

シーズン歓待特別企画 【浜島裕英、「2010年」を語る】 4/9

100217BS1.jpg

◆予選と決勝で、クルマが違ってしまう!?

—-予選はそうなるとして、ではレースはどうなります?

浜島 レースは、クルマの良し悪しがガバッと出ちゃうんじゃないですか!?(笑)

—-予選だけというか、クルマが軽いときだけは速い!……というようなクルマも出現するのでは?
浜島 ええ、あり得ます。そういうクルマに上手なドライバーが乗って、(決勝レースで)前の方抑えちゃったら、大変なことになりますよね。

昔、日本のF2で、ダンロップのロス・チーバーが予選速くて──。BS勢は決勝は速いんだけど、鈴鹿では抜けないから、そのままロスが抑えきるというレースがありましたけど、(2010年のF1では)そういうのがつづきますね、きっと。……で、ヘタしたら勝てちゃう、その(予選だけ速い)ドライバーが。

—-コースでいうと、ハンガリーとかモナコとか?
浜島 モナコなんか絶対抜けないですもんね。だから、予選速かったら勝てますね。

—-でも、一回はピットインするでしょ?
浜島 はい、でも(ピットインを)1ラップでも(先に)延ばせば、先にピットインした人たちよりも(燃料を消費してクルマが)軽い状態で走れますからね。だから、(レース運びの)駆け引きが大変になると思いますよ。

◆ドライバーがレースを決める年になる!?
—-今年大変なのはチーム? もっといえばドライバーでしょうか?
浜島 そうですね。先ほど申し上げたように、今年はタイヤの「パージング」(注1)ができない。去年は、タイヤのなかの空気をメチャクチャ乾燥させてた、機械を使ってね。
でも、これ(パージング)をやめると、走ってるときのタイヤの内圧の変動が大きくなる。だから今年のドライバーは、これに順応しなければならない。

—-内圧というのは、走れば走るほど?
浜島 上がります。その”上がり代”(あがりしろ)が大きくなるんですね、今年は。

注1:「パージング」:タイヤ内部のエア(空気)が乾燥していると、温度変化に内圧が影響を受けにくくなり、タイヤが安定して所定の性能が出しやすくなる。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

シーズン歓待特別企画 【浜島裕英、「2010年」を語る】5/9に続く。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER