F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ウィリアムズ、2010年のエントリーを提出

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ウィリアムズ、2010年のエントリーを提出

090526AP.jpg
今後もFOTAを支援する考えのアダム・パーCEO。

AT&T・ウィリアムズは、FOTA(全チームからなる組織)に所属するチームとしては、初めて2010年のF1GPのエントリーを提出。

FIAとFOTAが、来年の予算案で揉めている中、ウィリアムズはエントリーを提出した。しかし、ウィリアムズのアダム・パーCEOは、「FOTAの統一は、ウィリアムズにとって非常に重要なことだ。だから、モナコでFOTAと共に、2010年の規約について、モナコで妥協案を提出する努力を継続することをFIAに要請する書類にサインしてきた」とFOTAを引き続き支援する考えを明らかにした。

「すでに2008年から2010年までF1に参戦するという契約を交わしているので、ウィリアムズとしては、これまでもそうしてきたように、道徳的にも、法律的にもF1に参戦し続ける必要がある」。

「我々は、チームのメンバー、スポンサー、ファンのおかげでF1に参戦している。来年、参戦しないとすれば、それら全員に影響が出てしまうことだろう」。

※F1参戦チームの年間予算案(バジェット・キャップ)
FIAが2010年から導入しようとしている年間予算案は、基本的に4000万ポンド(59億円)を上限とするもの。予算がそれを上回っても問題はないが、限度内に予算を抑えると、現在は制限されている一部の制限が解除され、レースを
有利に戦えることとなる。このように、2つのレギュレーションがF1に存在することに反対しているスクーデリア・フェラーリ、BMWザウバー・F1・チーム、レッドブル・レーシング、パナソニック・トヨタ・レーシングは撤退も辞さない構え。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER