F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホットライン2010 round2  オーストラリアGP 2/2

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホットライン2010 round2  オーストラリアGP 2/2

100329HL6.jpg

◆速さは超一流、しかしレースは・・・

羽端 
でも、ああ、それにしてもフェッテルは!・・・という感じですねえ。
[STG]
彼は、F1にステップアップするまで、悪いクルマに乗ったことがない。

羽端 あ、そうなんだ。”箱入り”状態で、ここまで来たドライバーなんですね。せっかくのチャンスをものにできないのは、その”育ちのよさ”が、よくも悪くも現われているのかな?
[STG]
育ちのよさ、というのはそういう意味なんですね。

羽端 
クルマでいうと、現段階のレッドブルは圧倒的に速い!・・・という気がしてるんですが?
[STG]
 ですね。しかし、速いとリスクがそれだけ高くなる、というのも正しい。

羽端 そうですね、レースって、そんなに単純じゃない。だから、おもしろいんですけど。
[STG] 
見ている方はね。やってる方は、冗談じゃねぇや、もっと簡単にしてくれ、みたいな(笑)。

◆期待ほどには”輝けず”のシューマッハ、今後は?
羽端 
あと、”シュー様”について、ちょっと予言をしてもいいですか?(笑)
[STG]
 どうぞどうぞ(笑)。

羽端 
ミハエル・シューマッハは、今シーズン、すべてのグランプリに出場することはない、という説なんですけど?
[STG]
ん?

羽端 
ある時点で、やっぱり引退しますって、走るのをやめちゃう?
[STG]
 う〜ん。

100329HL4.jpg羽端 それに備えてかどうかわかりませんけど、ロスのブロウン=メルセデスは、ちゃんと、サード・ドライバーに、すぐ”使える”やつ(ハイドフェルド)を抱えてますよね?
[STG]
 ちょっと考えすぎと思います。だとしたら、シューちゃん、何しに来たのって話ですから。

羽端 でも、同じクルマに乗って、いつもニコ・ロズベルクに及ばない、というのは、「マイケル」にとっては耐え難いのではないか、と?
[STG]
 
いやいや、鈴木亜久里さんが言ってました。「レースでなければ鍛えられない筋肉がある」と。実戦を通じて鍛えている途中、ってことです。それに、ブリヂス
トンの浜島さんは、「打算といってはおかしな表現だけれど、頭のいいマイケルのことだから、勝算がなければ復帰を考えなかったはず」と言っています。私は
この二人の意見を尊重したい(笑)。

羽端 
なるほど。まだ、途上にあるんだ、と。
[STG]
 それから、予選で今回は、N.ロズベルグに急接近しています。N.ロズベルグは、たぶん、かなり焦っていると思いますよ。ポケットになにか持っていそうな、というシューマッハのイメージというのは、怖いんじゃないかなぁ。

100329HL3.jpg羽端 それとね、これはあるスジからの(笑)情報なんですけど、マイケルとニコは、絶対に”不仲”になるはず、という・・・。
[STG]
 私は違う意見です。そもそも器が違いすぎて争いにはならない、という観方です。

◆いま、タフで強いのはフェラーリだ!

羽端 
ところで今回、アロンソはちゃんとポイント取ってますよね?
[STG]
 スタートの失敗が痛かったと。

羽端 あ、でも4位ですね。そしてマッサは、連続の表彰台か。
[STG]
 F.マッサも、不安定な路面コンディションに翻弄されたかな、と。

羽端 
・・・といいつつも、今年のフェラーリは、しっかり取るべきものは取っていく?
[STG]
 J.バトンは、ドライ・タイヤに替えたタイミングが絶妙だった。しかし、それはある意味捨て鉢な勝負に出たので勝てた。J.バトンの立場じゃないと、そういう勝負はできにくい。J.バトンしてやったり、F.マッサはしてやられたり、ってことだと思います。

羽端 あ、そのバトンがやったようなことを、可夢偉にやってほしかったんですよ。誰よりも早く、ドライ・タイヤに換えるとか。
[STG]
 まさに!!

羽端 
でも、全体のシーンとしては、強さのフェラーリ、速さのレッドブル、この2チームを中心に、2010年は”回って”行くように思います。
[STG]
 M.シューマッハの話に戻るけれど、メルセデスがちょっとポテンシャルが停滞して、前の3チームから離れ気味なのが気になりますねぇ。

  【西湘-メルボルン】
1 2
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER