F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホットライン2010 round 5 スペインGP 3/4

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホットライン2010 round 5 スペインGP 3/4

100511HL-7.jpg

◆シューマッハ、ついに”波”を自分に引き寄せる!

羽端 でも”シュー様”には、ワタシはちょっと、お詫びをしなければいけないようで?(笑)
[STG] 言った通りになってるでしょ? とちょっと威張っちゃいましたが、これも長年の経験てやつです。毎年、春先に思ったことは、夏ごろには間違いなく変わっている、というのが通常ですから。かならず変化がある。で、M.シューマッハほどのドライバーと、あのR.ブロウンですから、見間違いをしないのではないか、と思ったわけです。

羽端 2010年・再引退説は、一応、撤回します(笑)。
[STG] スナオでよろしい(笑)。

羽端 ただねえ、ちょっと気になることもあります。
[STG] ふむふむ。

羽端 たとえばね、こんなコメント。「何もかもが通常通りにいったら、僕たちには表彰台争いをするチャンスはないって最初からわかってはいたけどね」。「ジェンソンとのバトルは楽しかったけど、僕にできたのは彼にオーバーテイクのチャンスを与えないことだけだった」。とか。
[STG] 言ってますね。

羽端 カメラの前でも実ににこやかに、サービス精神いっぱいでね。そして、こんな分析を冷静に語る。メルセデスは”ビッグ4″を構成してはいないと、宣言してるみたいなものだし。
[STG] これもM.シューマッハの”作戦”かも。敵に塩を贈るようなことを絶対にしない御方のはずですから。

羽端 なんかね、いまひとつ、傍観者的というか、当事者っぽくないというか・・・。
[STG] つまり、本心じゃない、ってことかもしれないですね。

羽端 いつだったか、モナコでリタイヤするときに、ジャマにはならないからペナルティにはならないけど、でも、アロンソが一瞬、走りにくくなるような場所(笑)に、自分のクルマを”置いて”リタイヤした──あの意地悪さというか、悔しさの裏返しなんだろうけど、でも、この頃のシューマッハは、たしかに熱かった! そういうマイケルは、いまは・・・?
[STG] それを熱さととるかどうかは措いておくとして、彼はいろいろな”逸話”を残していますからね。曰く付きの。

羽端 あ、好き嫌いは、ちょっと別です。私は、この”モナコ事件”以来、シューには好感を持っていませんので(笑)。
[STG] それ以前に、1996年には、ぶつけてタイトルを決め、それを問題にされて全ポイントを剥奪されています。そういうことを平気でやる。もっとも、アイルトン・セナも、プロストとマクラーレン・ホンダでライバル関係だったときに、予選で先にタイムを出すと、”ここにいたら絶対にいやだ”というところにマシンを停めて、コクピットを抜け出してリヤ部分を覗き込んだりしていました。全然壊れていないのに、てな噂もありましたから(笑)。

羽端 へへへ(笑)それを「戦略」という言葉でくくるか、ダーティというか?
[STG] テニスは、人がいない方にボールを返すけど、誰もそれを汚いと言わない。

羽端 うん、スポーツには、とくに格闘技的な、あるいは戦略的なスポーツには、そういうところはありますよね。サッカーだって、相手を騙さないと、パスひとつ通らないから。
[STG] ある程度の節度は必要だとしても、極端な話し、『勝つ!』ためには、そういうことも必要かもしれないですね。

100511HL-2.jpg羽端 そうそう、シュー様の件で言い忘れたけど、ホイールベース変更を中心にクルマが変わってますよね、彼のメルセデスは?
[STG] それもあるけれど、チーム全体がM.シューマッハ・シフトになったことが大きいと思います。

羽端 というと?
[STG] マシンが、去年J.バトンが開発したアンダー傾向から、M.シューマッハ好みのオーバーステア傾向になってきた。

羽端 お〜、そういうことか。
[STG] だから、J.バトンに似たマシン特性を好むN.ロズベルグは、今回のアップデートで走りにくくなっちゃったのではないかな、と。

羽端 今回は、フリー走行から、すべての局面で、シューマッハはロズベルクを上回っていた。
[STG] こうして、勢力図が変わってくる。今後、M.シューマッハは伸びる方向にあるけれど、N.ロズベルグは後退してしまうかも。

ホットライン2010 round 5 スペインGP 4/4に続く。

1 2 3 4
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER