F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   メルセデス、2014年のエンジンサウンドに自信

NEWS

メルセデス、2014年のエンジンサウンドに自信

111230M.jpg
規格変更でもエンジンサウンドに問題なし?

2014年から、1.6リッターV6ターボエンジンが導入され、F1の魅力のひとつ、エンジンサウンドの質が落ちることが懸念されているが、メルセデス・ベンツ・ハイパフォーマンス・エンジンのマネジング・ディレクターを務めるトーマス・フュールは、新しい規格でもエンジンサウンドはすばらしいものになるだろうと語った。

これは、フュールがイタリアのトゥットスポルト紙に語ったもの。フュールは、同紙に対して、「(最大回転数の)1万5,000rpmで、すばらしいサウンドを放つことになるだろう。6本のパイプがターボ・チャージャーにつながれ、美しいサウンドを奏でるはずだ」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし