F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   アロンソは、ワールドチャンピオンが取りたいんじゃなかったのか!?

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

アロンソは、ワールドチャンピオンが取りたいんじゃなかったのか!?

いろいろ考えた末の選択は、来年のマクラーレン。

 

フェルナンド・アロンソ、希代の現役F1ドライバーだ。これは間違いない事実だ。腕前はピカイチ。特にスタートの“上手さ”は群を抜いている。世界各国のナショナルチャンピオンが居並ぶF1ドライバーの中で、1コーナーまでに数台を料理する場面を何度も見せていることは、いかに高度な腕前かがわかろうというものだ。

そのフェルナンド・アロンソが、2018年もマクラーレンに在籍することが発表された。アロンソは、“マクラーレンは、ここがボクのいるべきところ”とツイッターでコメントした。

しかし、なんだかちょっとしっくりこない。アロンソは、3度目のワールドチャンピオンになりたいのではないのか?! 来年のマクラーレンは、メルセデスどころか、フェラーリやレッドブルを越えるとは到底思えないからだ。

この3年間、マクラーレン・ホンダでは遠回りをしたが、それには理由があった。フェルナンド・アロンソも人の子、憧れのアイルトン・セナが作り上げたイメージであるマールボロ・カラーのマクラーレン・ホンダは、幼年時代のアロンソに多大なシンパシーを与え、そこに対する憧れが、“新制マクラーレン・ホンダ”を誤解させることになったのかもしれなかった。

長谷川祐介F1プロジェクト総責任者は、そうした事情を飲み込んだ上で、「フェルナンドには、いいレースをさせてあげたかった」とコメントした。第二期も経験している長谷川総責任者が、アロンソの“憧れ”を知っていたからこその言葉だったかもしれないが、マクラーレンとホンダの“離婚”が確定した後、アロンソが2018年の契約をマクラーレンと交わしたことを聞いて、いささか驚いた。

もちろん、他のシートが埋まっていたという事情もあるかもしれないが、来年のマクラーレン・ルノーにどれだけの期待ができるのだろうか。

アロンソは、「テクニカルにも予算的にも、直ぐにF1で勝てる。ここ数年は簡単ではなかったけれど、勝つことを忘れちゃいけない。そして、(マクラーレンは)直ぐに成功できることを信じている」と海外メディアにコメントしている。まるで、素人のコメント聞こえる。

たしかに、マクラーレンが来年供給を受けるルノーは成長している。アラン・プロストを責任者に迎えたルノー・ワークス本体も悪くない進化を見せ、パワーユニットの供給を受けるレッドブルも、メルセデス、フェラーリに次ぐ存在になった。しかし、来年供給を受けるマクラーレンは、本体とレッドブルに次ぐ3番目のチーム。進化の過程にあるホンダの方がベターと思うのがマトモな考え方に見える。そして、ホンダなら、供給のナンバー1が継続できた。

マクラーレンとホンダの間には、離婚に至るさまざまな“事情”が存在したのだろう。だから離婚は仕方なかったと言えるのだろうが、アロンソが一緒に流れて2018年を闘う意味は理解の範囲を越えている。

しかし、アロンソが打算や契約金で動いたとは思いたくない。隠れた“何か”があるのか。伺いしれないそれが、“なるほど”と思えることであってほしいと心から思う。

 

[STINGER]山口正己

photo by [STINGER]


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1セバスチャン・フェッテル54
2ルイス・ハミルトン45
3バルテリ・ボッタス40
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG85
2フェラーリ84
3レッドブル55
more

NEXT RACE

アゼルバイジャンGP(バクー)
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2018/04/27〜04/29
(日本時間)

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。