F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   45回目のブラジルGPと、ブラジル人ドライバーの関係

NEWS

45回目のブラジルGPと、ブラジル人ドライバーの関係

45回目のブラジルGPは、どんなスタートが切られるのだろうか。写真は2015年。

ブラジルGPは、エマーソン・フィティパルディがワールドチャンピオンを奪った翌年の1973年に始まり、1978年に舞台をリオデジャネイロに移したが、1989年から再びサンパウロに戻って今年で45回目を迎える。

現在ブラジルGPが行なわれるインテルラゴス・サーキットは、バンピーで、ドライバーのコース評はあまり芳しいとは言えないが、特に雨になると大荒れになる難易度が高くなるコースとして知られる。

ブラジルGP最多勝利は、あらゆる記録を保有してるミハエル・シューマッハではなく、アラン・プロスト。6勝を記録して、ミハエル・シューマッハの4勝を上回っている。

意外なことに、アイルトン・セナは2勝しかしておらず、ルイス・ハミルトンも1度勝っただけ。

反対に、フェリペ・マッサが2勝しているのも意外といえば意外だが、彼の2勝目は、あの2008年、ハミルトンを上回るシーズン6勝でタイトルが決まったと、ピットの家族が抱き合って喜んだのも束の間、ウェット路面でルイス・ハミルトンがトヨタのティモ・グロッグをパスして5位に上がって、1ポイント逆転してチャンピオンを決めた年だった。

現役ウィナーは、2勝のマッサと、それぞれ1勝ずつ記録しているキミ・ライコネンと、そしてルイス・ハミルトンだけ。

ポールポジションは、さすがにセナが6回手にしているが、2番手が3回のマッサ、3番手が同じく3回のルーベンス・バリチェロ。トップ3がブラジル人だ。ブラジル・ファンの熱気に押されて気合が入るということかもしれない。

ブラジル人では、他に、エマーソン・フィティパルディとネルソン・ピケがそれぞれ1回のポールポジションを決めているから、これまでの44回のブラジルGPのうち14回、実に3度に一度はブラジル人が先頭からレースを始めている。

さて、今年のブラジルGP、雨が降ればスペクタクルなレースになること間違いなしだが、さて、どんなレースになるのだろうか。

[STINGER]山口正己
photo by PIRELLI

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位セバスチャン・フェッテル171ポイント
2位ルイス・ハミルトン163ポイント
3位キミ・ライコネン116ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位フェラーリ287ポイント
2位メルセデスAMG267ポイント
3位レッドブル199ポイント
more

NEXT RACE

ドイツGP(ホッケンハイム)
ホッケンハイムリンク

開催日
2018/07/20〜07/22
(日本時間)