F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トロロッソ・ホンダのカラーリング–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと96日

NEWS

トロロッソ・ホンダのカラーリング–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと96日

F1に限らず、モーターレーシングの基本は“美しいこと”。2018トロロッソ・ホンダが今年のトロロッソのように美しいマシンであってほしい。

 

97からつづく)

ところで、気になるのは、トロロッソ・ホンダのカラーリングだ。2017年のトロロッソは、F1史上最高の美しさと評判だった。さて、2018年がどうなるのか。同じトーンを是非とも踏襲してほしいところだ。

カラーリングには、実は“コツ”がある。まず、色数。“3色以内”がキモであることは案外知られていない。

最も分かりやすい例で行くと、マールボロカラーのマクラーレンが好例だ。白地に蛍光オレンジ。そこに許されるロゴは、マットブラックか白だけ。スポンサーは、それぞれの色を希望するけれど、実際にメインスポンサーのマールボロ・カラーに載せた場合、最も際立つのが、モノトーンであることを徹底的な検証で確立した上での決定だった。

なので、ケンウッドも、ヤマザキマザックも、GSバッテリーも、そしてヒューゴBOSSもTAGホイヤーも、マクラーレンの規定に従い、結果として、効果的なプロモーション活動ができた。

さて、2018年のトロロッソ・ホンダ、どんなカラーリングになるのか、楽しみ。

95につづく)

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more
情報なし