F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   史上初の3週連続開催にどう対処する?–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと73日

NEWS

史上初の3週連続開催にどう対処する?–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと73日

速く移動しなければならないのはF1マシンだけではない。

74日からつづく)

F1が楽しみになる、あんな話、こんな話。

2018年のF1GPは、21戦で行なわれる。開催数は、昔ながらの16戦が、やる方の負担や、観る方が飽きないインターバルとしてベストと思うけれど、いろいろな事情でそうなったのだから文句を言っても始まらない。

しかし、今年復活するフランスGPからの3戦は、まったくインターバルのない3週連続開催。なんとも心配になってきた。

第8戦 6月24日 フランス / ル・キャステレ
第9戦 7月1日 オーストリア / シュピールベルク
第10戦 7月8日 イギリス / シルバーストン

6月24日の第8戦フランスのポールリカールを終えたグランプリサーカスのチームの多くは、イギリスの本拠地に向けてヨーロッパ大陸を北上し、ドーバー海峡をフェリーで渡る。ベース基地に戻るのが早くて月曜日午後。マシンを下ろして次に備える作業をこなし、次の会場であるオーストリアのレッドブル・リンクに遅くても木曜日午前中に到着するためには、水曜日の午前中にガレージを出発しなければならない。

パドックにF1村を構築するスランスポーターやモーターホームは、連続開催に備えて2セット用意しているというリッチなF1だが、現場と本拠地の『距離』はいかんともしがたい。

連続週開催は、かくて厳しいスケジュールの中で進むのだが、これがさらにもう1回繰り返す3週連続となると、チーム関係者のストレスはさらに肥大化する。

しかし、幸運なことに、3連続の次のレースはイギリスGP。カレンダー調整の段階で、イギリスGPを中心にスケジューリングされたことは想像に難くないけれど、いずれにしても、関係者にとって、3週連続は厳しい試練だ。

この辺りのストレスが、本拠地がイタリアのフェラーリやトロロッソ、スイスに居を構えるザウバーにとって、有利になるかも、てなこと考えながら観戦するののも、また楽しからずや、ではあるけれど。

[STINGER]山口正己
写真素材 by MERCEDES AMG PETRONAS Formula One Team、Red Bull Racing


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位セバスチャン・フェッテル121ポイント
2位ルイス・ハミルトン120ポイント
3位バルテリ・ボッタス86ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG206ポイント
2位フェラーリ189ポイント
3位レッドブル134ポイント
more

NEXT RACE

フランスGP(ル・カステレト)
サーキット・ポール・リカール

開催日
2018/06/22〜06/24
(日本時間)