F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   オールドコースとティルケ型–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと47日

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

オールドコースとティルケ型–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと47日

新シーズンに向けて鼓動が高まる!!

48日からつづく)

鈴鹿サーキットは、スパ-フランコルシャンと並んで最もチャレンジングなコースと言われる。その理由は、コースレイアウトが人工的ではなく、自然の地形を活かしていることもあるが、もう一つ、セーフティ・ゾーンが狭いことも挙げられる。要はスペクタクルということだ。

モナコGPが古くからガードレールが近くてリスキーと言われることが多いが、実は、モナコは確かにガードレールはコースを囲んでいて、セーフティ・マージンはゼロといってもいいが、絶対スピードが低い。

もちろん、トンネル出口では300km/h近い尋常ではないスピードが出ているけれど、他の部分のスピードの怖さは、案外高くないとドライバーは言う。

もちろん、コースレイアウトもテクニカルだ。こちらは鈴鹿の2コーナーからS字。難易度は凄まじく高い。

それに対して、鈴鹿やスパは、絶対速度が高く、さらにセーフティ・ゾーンがそれほど広くない箇所がいくつもある。たとえば鈴鹿でいえば、S字区間やデグナー・コーナーの出口は、はみ出したらほぼ間違いなくガードレールの餌食になる。

スパの名物コーナーのオールージュも、コントロールを誤ってコースオフしたら、間違いなくガードレールに張りつくことになる。

それらの味のある“オールドコース”に対して、“ティルケ形”と言われるのが、ここ10年ほどで完成したコースだ。

去年一杯でグランプリから消滅してしまったマレーシアGPのセパン、中国GPの上海、バーレーンGPのザヒールなど、コース設計者のヘルマン・ティルケが、現代の安全基準に照らして作り上げ、安全性は高いものの、どこか味気ないのは、自然を活かしたのではなく、型に嵌まったレイアウトだからだ。オールドコースは、単に歴史があるだけでなく、スペクタクルという意味でも、魅力を秘めている。

オーストリアGPのレッドブル・リンクや、今年復活するフランスGPのポールリカール・サーキットも、オールドコースに入れていいだろう。

いまさらだけれど今年は21戦、それぞれ趣の違うコースで展開される。

(47日につづく)

 

[STINGER]山口正己
photo by [STINGER]


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1セバスチャン・フェッテル54
2ルイス・ハミルトン45
3バルテリ・ボッタス40
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG85
2フェラーリ84
3レッドブル55
more

NEXT RACE

アゼルバイジャンGP(バクー)
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2018/04/27〜04/29
(日本時間)

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。