F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   新車発表が早いか遅いか?!–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと45日

NEWS

F1ニュース頂点のニュースを、スティンガーの視点で

新車発表が早いか遅いか?!–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと45日

トロロッソ・ホンダの発表は25日。

新シーズンに向けて鼓動が高まる!!

46日からつづく)

2018年用のニューマシンの発表が待たれるが、最も早いウィリアムズが2月15日、その後、2月20日にルノー、ザウバーが姿を見せ、続いてメルセデスとフェラーリが22日、マクラーレンが23日でトロロッソ・ホンダが26日にお目見えする。

コクピット保護装置“HALO”(ヘイロー)の処理で注目される2018マシンは、鬼才で美的センスも高度なアドリアン・ニューウェイが、どんなマシンを送り出すのか注目されるところだが、レッドブルは発表日程は未定のままだ。

鬼才アドリアン・ニューウェイ、“新しいレッドブルをお楽しみに”。

さて、発表は、当然ながらそれぞれの都合と思惑で行なわれ、チームごとに“時差”がある。そこにはプロモーション的な策略もあるはずだが、早く発表してしまうと、企業秘密がバレてしまうことも注意が払われる。

モノコックのような大型部分は、簡単に変更できないが、前後のウィングは、修正が効く。つまり、アイデアを流用される可能性が高くなる。そのため、発表会に現れるのは本番用ではない、という話もよく聞かれる。要するに、隠しておきたい。

もうひとつ、今年は特にシェイプが気にかかるのがHALOだ。コクピットを護るために義務づけられるそれが、どう見えるのか注目が高まっているから、プロモーション的には早く発表した方が注目度が高くなるが、デザイナーは時間がいくらあってもいいという意味で遅くしたい。

さまざまな思惑が絡み合う新車発表スケジュールを睨みつつ、まずは2月15日のウィリアムズに乞ご期待。

 

[STINGER]山口正己
photo by Photo by SCUDERIA Toro Rosso
/ Getty Images/Red Bull


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン95ポイント
2位セバスチャン・フェッテル78ポイント
3位バルテリ・ボッタス58ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG153ポイント
2位フェラーリ126ポイント
3位レッドブル80ポイント
more

NOW RACE

モナコGP(モンテカルロ)
モンテカルロ市街地サーキット

開催日
2018/05/24〜05/27
(日本時間)