F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   どこが勝つかも気になるけれど–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと43日

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

どこが勝つかも気になるけれど–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと43日

新シーズンに向けて鼓動が高まる!!

44日からつづく)

メルセデスが今年も最強伝説を続けるのか、それとも、フェラーリやレッドブル、もしかするとあのチームが・・・・という想像も楽しいが、反対側の見方もある。気になるのは、テールエンダー争い。

去年の闘いでは、ザウバーが年間獲得ポイント「5」で、ダントツのテールエンダーったが、今年は、アルファロメオのスポンサーを得て元気になるはず、という見方がある。となると、ザウバーの前のコンストラクター9番手は、なんとマクラーレンだ!!

ブーリエ代表によれば、ホンダのパワーユニットから開放されたマクラーレンは、すでに去年からシャシーポテンシャルはトップ3のポテンシャルががあり、となると、メルセデス、フェラーリ、レッドブルに次ぐ少なくとも4番手にいる予定だが、果たしてどうか。

今年から搭載するルノー・エンジンは、レッドブルと本家ルノーとマクラーレンが使うが、レッドブルは当然として、去年アラン・プロストを代表に迎えてチーム創りをコツコツ進めたルノーである。おいそれと同じエンジンのマクラーレンに先んじられることは考えにくい。さらにホンダより大柄であることも既報のとおり。マクラーレンが苦労することは明白だ。

残るフォースインディアとウィリアムズは、メルセデスのパワーユニットを持っていて安定路線。とすると、残るはトロロッソとハースだけになる。

トロロッソ・ホンダの躍進は間違いないと思いたいから、ハースとマクラーレンがどう闘うかというところになる?

頼りになるのはフェルナンド・アロンソとストフェル・ヴァンドーンのポテンシャルだが、ブーリエさんのために、ハースとザウバーとマクラーレンがテールエンダーを争う三つ巴にならないことを祈っておきたい。

 

[STINGER]山口正己
Photo by McLaren/LAT Photographic


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1セバスチャン・フェッテル54
2ルイス・ハミルトン45
3バルテリ・ボッタス40
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG85
2フェラーリ84
3レッドブル55
more

NEXT RACE

アゼルバイジャンGP(バクー)
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2018/04/27〜04/29
(日本時間)

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。