F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   昔の方が難しかった(?)モナコ–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと42日

NEWS

昔の方が難しかった(?)モナコ–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと42日

昔の縁石は踏んじゃダメだった?!

新シーズンに向けて鼓動が高まる!!

43日からつづく)

ファンジオに始まり、クラーク、スチュワート、ラウダ、プロスト、ピケ、セナ、マンセル、シューマッハ、アロンソ、フェッテル、ハミルトンと、時代を代表するドライバーがF1GPに名を連ねている。

さて、歴代のF1ドライバーで誰が一番か、という話題が時折出るけれど、結論に出逢ったことはない。その理由は、時代とともにマシンが変わり、コースも違うモーターレーシングでは、“世界記録”という表現を使うのは若干無理があり、ドライバーの能力を比較できにくいからかもしれない。

ここで、面白い映像を紹介しよう。1970年のモナコGP、ロータス49Cに乗る1962年と1969年ワールドチャンピオンのグラハム・ヒルが、コースを紹介している。モナコマイスターと呼ばれたヒルの映像で注目してほしいのは、現在とはかなりレイアウトが異なるコースではなく、“縁石”だ。

当時の縁石は、現在のように二色に色分けされていない。高さ10cmほどの直角に切り立った、文字通り、一般公道で見かけるブロックがコースを囲んでいる。

現在なら、縁石は“いかに上手く乗り越えるか”がテーマになるが、1970年当時の縁石は、触ってはいけない境界線だった。縁石にタイヤが触れれば、ほぼ間違いなくタイヤのサイドウォールが破れてパンクする。

もちろん、スピードは現在の方が圧倒的に速いから、これまた単純比較はできないけれど、触れない縁石に囲まれたモナコのコースでタイムアタックする時、ドライバーがどんな気分だったかを考えると、現在とは別の物語がそこにあったことが想像できる。

グラハム・ヒルのモナココース紹介

[STINGER]山口正己
Photo by HONDA


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン145ポイント
2位セバスチャン・フェッテル131ポイント
3位ダニエル・リカルド96ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG237ポイント
2位フェラーリ214ポイント
3位レッドブル164ポイント
more

NEXT RACE

オーストリアGP(シュピールベルク)
レッドブルリンク

開催日
2018/06/29〜07/01
(日本時間)