F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   テスト最終日に注目せよ!!—-カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと16日

NEWS

テスト最終日に注目せよ!!—-カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと16日

新シーズンに向けて鼓動が高まる!!

17日からつづく)

今日でプレシーズンテストが8日間のスケジュールを終了する。最終日の各チームの動きが気になるところだが、さて、テストの目的は、ニューマシンの確認だけではない、ということに注目してみたい。

まず、テストプログラムは、新車のシェイクダウンから始まる。シェイクダウンとは、直訳すれば”揺すって落とす”。要するに、新設計のマシンのどこかに不具合がないかを確認する作業。そいつが真っ先に行われる。

同時に、ドライバーはもちろん、メカニックなど、直接マシンに触れるメンバーが、新車となじんでおくことも重要課題のひとつだが、さらに大切なのは、他チームへの牽制(けんせい)も含めた作戦だ。

いや、他チームだけではない。場合によっては、契約前のスポンサーに対するメッセージも含まれる。今年の場合、早々にハイパーソフトを履いて出撃させるマクラーレンが、この”手法”をとっていそうだと勘繰りたくなった。

逆のパターンが、メルセデスだ。パフォーマンスランをあまり積極的に行わないのは、自信の現れか。レースセットに集中すれば、実際にシーズンが始まったときに余裕がもてるだけでなく、その不気味な行動がライバルたちに見えないプレッシャーをかけることができる。

要するに、まずは信頼性の高いマシンが必要だが、その上で、”相手がどう考えるか”を想定した走行ができるかどうか。

勝手に解釈すると、今年のトロロッソ・ホンダ、タイムの出し方がなかなか余裕を感じさせる。序盤はおとなしくしておいて最後にサクッと好タイム。これはファンをやきもきさせるだけでなく、ライバル、ここではもちろんマクラーレン陣営に、完熟していない酸っぱい“パパイヤ”を渡しているように見えなくもない。

ともあれ、最後の1日、各チームのプログラムの進行具合が気になってきた。

 

STINGER 山口正己
Photo by Red Bull Toro Rosso HONDA


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン145ポイント
2位セバスチャン・フェッテル131ポイント
3位ダニエル・リカルド96ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG237ポイント
2位フェラーリ214ポイント
3位レッドブル164ポイント
more

NEXT RACE

オーストリアGP(シュピールベルク)
レッドブルリンク

開催日
2018/06/29〜07/01
(日本時間)