F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ◆シリーズ・バーチャルセーフティ・カー◆その2・レッドブル・ホンダの可能性

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

◆シリーズ・バーチャルセーフティ・カー◆その2・レッドブル・ホンダの可能性

ホンダがレッドブルのエンジン・サプライヤーになる日も近い?

記録だけでなく、記憶に残すために:その2・レッドブル・ホンダの可能性

バーレーンGPの予選でピエール・ガスリーが5番グリッドに決まったのを受け、ダニエル・リカルドが、お祝いのコメントを届けました。若干複雑なシチュエーション。

来年の“レッドブル・ホンダ”に向けての社交辞令も含めて、本家レッドブルのリカルドが、弟分のトロロッソを祝福するのは当然といえば当然。でも、リカルドの立場を考えると、彼が微妙なポジションにいるからです。

その翌日のレースでピエール・ガスリーは4位に食い込んでさらにお株を上げ、翌年、レッドブルに昇格するのではないか、という声も聞かれました。そうなると、誰がはじき出されるかといえば、若いマックス・フェルスタッペンではなく、ダニエル・リカルドでしょう。

レース後に、トロロッソのピットをヘルムート・マルコ博士が祝福に訪れたのも、単に弟分のチームというだけでなく、“ホンダへの表敬訪問”と取れて、2019年のレッドブル・ホンダの可能性が高くなっていることを感じさせました。

そもそも、昨年秋、日程的には定かではないけれど、ヘルムート・マルコ博士は、ホンダの開発拠点のサクラを訪れ、将来のパワーユニット・サプライヤーのポテンシャルを視察しているのです。

ところで、去年の8月、ザウバーは、いったん契約をしたはずのホンダとのジョイントを破棄しました。その後、ザウバーがアルファロメオのプロモーションを引き受けて、『アルファロメオ・ザウバー・フェラーリ』という名称になることが発覚したことで、ホンダとの契約破棄は、フェラーリの差し金ではないかとの憶測が出ました。多分それは正しい噂だけれど、その後トロロッソと組んだホンダが、バーレーンGPで活躍したことを考えると、ザウバーではなくてよかったと言っていい?

フェラーリは、ホンダの行く手を邪魔したように見えながら、実は結果として後押ししたことになる?

ちなみに、バーレーンGPでダニエル・リカルドは、ルノー・パワーユニットのトラブルでレース序盤にリタイアを喫しました。マルコ博士のルノーへの不信感は高まったはずです。

要するに、2019年のレッドブル・ホンダの実現性は限りなく高くなった、ということですが、そうなると、次の段階に夢想は飛躍します。

ダニエル・リカルドの代わりにピエール・ガスリーがレッドブルに移籍するなら、トロロッソのシートがひとつ空席になる。そこに座るのは、ホンダが推挙する日本人になる、というわけです。

しかし、バーレーンGPのダブルヘッダーで行なわれたF2にデビューした福住仁嶺と牧野任祐は下位に沈んで、そのシートを獲得できるものではありませんでした。今後、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーの活躍と同様に、F1のサポートイベントとして行なわれるF2の二人の日本人にも注意しておかねばなりません。

そしてもうひとつ、4月22日に開幕するスーパー・フォーミュラにデビューする松下信治にも焦点を当てておくべきかもしれません。

いずれにしても間違いないのは、今年のF1が面白くなっていることと、それはF1だけでなく、日本のレース界にも波及して、全体が面白くなりそう、ということです。心してF1を楽しみたいですね。

[STINGER]山口正己
Photo by Aston Martin Red Bull Racing


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1セバスチャン・フェッテル54
2ルイス・ハミルトン45
3バルテリ・ボッタス40
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG85
2フェラーリ84
3レッドブル55
more

NEXT RACE

アゼルバイジャンGP(バクー)
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2018/04/27〜04/29
(日本時間)

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。