F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   最後の雨で行方は見えず–2018F1GP第3戦中国GPフリー走行3トピックス

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

最後の雨で行方は見えず–2018F1GP第3戦中国GPフリー走行3トピックス

行方は見えないまま。

フリー走行3の最後は雨。状況は霧の中になった。

分厚いスモッグと雨雲に覆われていた上海国際サーキット。1時間のフリー走行3の最後の20分、ここから予選シミュレーションに突入してタイムアップ、というところで雨がポツリポツリとやってきた。その結果、予選の流れは霧の中に消え去った。

フリー走行3は、レースに向けての最後のセッティング作業と、予選のシミュレーションに充てるのが通常の進み方だが、天気予報が微妙に影響した。いつ雨が来てもおかしくない状況と、午後の予選が雨になる可能性が、“降水確率30パーセント”という微妙なデータ。どちらに転ぶか分らないところに持ってきて、明日の決勝レースは晴れマーク。セッティングの方向をがっちり固められない状況の中でフリー走行3が進んだ。

そのシチュエーションの中で、フェラーリが1-2を記録した。最大のライバルであるメルセデスは、ボッタス+メルセデスが3番手、ハミルトン+メルセデスが5番手。ルイス・ハミルトンは何度もコースオフしてマシンセットに手を焼いているような状況も見えたが、これは、レースセットをにらんだプログラムを消化していたからかもしれない。最後の20分で、ポンとタイムを出してくるかもしれない、という予測は、ポツリポツリと来た雨に阻まれた。

同じ状況が、トロロッソ・ホンダにもいえた。ピエール・ガスリーもブレンダン・ハートレーも、ドライコンディションでは最も柔らかいスーパーソフトでのアタックは十分行なえずに雨に行く手を阻まれた格好だった。

午後の予選の天候はどうなるか。決勝の晴れに向けて、どんなセットで走るのか、混沌の予選は、この後、日本時間15時から。

◆中国GPフリー走行結果
1. フェッテル+フェラーリ
2. ライコネン+フェラーリ
3. ボッタス+メルセデス
4. フェルスタッペン+レッドブル
—-以上、1分33秒台
5. ハミルトン+メルセデス
6. マグヌッセン+ハース
7. ペレス+フォースインディア
8. オコン+フォースインディア
9. サインツ+ルノー
10. シロトキン+ウィリアムズ
11. フルケンベルグ+ルノー
12. アロンソ+マクラーレン
13. ヴァンドーン+マクラーレン
14. ハートレー+トロロッソ・ホンダ
—-以上1分34秒台、以下、1分35秒台
15. リカルド+レッドブル
16. ガスリー+トロロッソ・ホンダ
17. ストロール+ウィリアムズ
18. ルクレール+ザウバー
19. エリクソン+ザウバー
20. グロジャン+ハース

フリー走行3詳細結果

 

[STINGER]山口正己
photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER