F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トロロッソ・ホンダ試練–中国GP決勝

NEWS

トロロッソ・ホンダ試練–中国GP決勝

トロロッソ・ホンダは、前戦のバーレーンと打って変わっていいところなく中国GPを終えた。

フリー走行では悪くない感触を示していた2台のトロロッソ・ホンダだったが、土曜日のセッティング変更が大外れ。予選は15位と17番手。Q1を通過できなかったピエール・ガスリーは、「変調の原因を追求しなければ」と語っていたが、レースになってもその傾向は変わらず、ブレンダン・ハートレーとともに下位に甘んじるレースとなった。

最悪のシナリオは、レースが1時間を消化したときに起きた。2台のトロロッソ・ホンダが連なって走っていた。ペースが速かったガスリーが、コーナーでハートレーのインサイドに切り込んだが、ハートレーから見えない位置関係。2台は接触し、散らばったガスリーのフロントウィングの破片を片づけるためにセフティカーが導入された。

トロロッソ・ホンダの悲劇は、皮肉なことに、レースを面白くするきっかけになった。セフティカーが導入されたタイミングをレッドブルが見逃さず、2台をピットに呼び込んで、タイヤを交換、終盤の大逆転劇の引き金になるという、なんとも皮肉な筋書きとなった。

一方、トロロッソ・ホンダの最大のライバルであるマクラーレンは、フェルナンド・アロンソが巧さを発揮、最終ラップにフェッテル+フェラーリをパスして7位に食い込んだ。

開幕戦から1戦毎に、激しく浮沈を繰り返すトロロッソ・ホンダ。“本物”になるためには、トータルな『安定』が必要だ。

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン346ポイント
2位セバスチャン・フェッテル276ポイント
3位キミ・ライコネン221ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG563ポイント
2位フェラーリ497ポイント
3位レッドブル337ポイント
more

NEXT RACE

メキシコGP(メキシコシティ)
オートドローモ・エルマノス・ロドリゲス

開催日
2018/10/26〜10/28
(日本時間)